絶対話せる!英会話

basketball!

この記事は3分で読めます

今日一つ目の授業が終わった後、クラスメートが本日のバスケの試合について話していた。何でも前売りチケットは売り切れだが、今日の試合は弱い対戦相手のため、ひょっとして学生専用の当日券が販売されるかもしれないとのこと。実はスポーツ観戦は大好きな私なので、(実際に直接見に行くことは滅多にないが、TVでスポーツ番組をやっていると、ほとんどオールジャンルのスポーツをいつまでも見続けていられる)気がついたら「私も行くよ。」と言っていた。

何せバスケットの試合なんて、大学スポーツの花形の一つではないか。バスケの試合は直接観戦したことがないため、ぜひ見てみたいと前から思っていた。しかも私の学校のバスケ部はやたら強いらしい。ネットで調べてみたところ、全米6位。いやぁ~、見られるものなら、見ておかなくては。もうすぐバスケシーズンは終わってしまうそうだし。明日提出の宿題なんて、それほど時間はかからないし。

このとき12時半。試合は夜7時半から。そしてチケットは恐らく6時頃から売り出されるのではないか、ということで、お昼を食べた後、ひとまず解散。そして6時頃からチケット売り場の前に並んだ。今日に限って雨が降っていたが、5人で一つの傘に入り、寒い中チケット売り場が開くのを待った。しばらくして窓が開いたのだが、張り紙がされた。それによると、「チケットはなし。これからはキャンセルやクレームされなかったチケットがない限り、チケットはない。待つのは、自分達のリスクとしてくれ。」と言った内容。しかし皆、どうせ出るに決まっているから、このまま待とうということに。

しばらくして一人が列を離れ、ダフ屋と交渉。一般チケットを20ドルでどうか?と言われたようだ。電話がかかってきて、「ま、20ドルでもいいか。」と答え、一人に全員分のお金を持たせて買いに行かせた。するとその直後、目の前のチケット売り場でチケットを売り始めたではないか。「何枚くらいあるの?」と聞いた友人に、売り場のお兄さんは「More than enough.」と答える。「きゃー、ダフ屋から買わないように電話しなきゃ。」と言うことで、急遽友人二人を呼び戻す。なぜなら学生専用チケットは10ドルだからだ。そして無事に10ドルでチケットを手にした私たちだった。

中に入ると、チアリーダーはいるし、TV局のレポーターはいるし、ブラスバンドもいる。何だか妙に気分が盛り上がり、わくわくした。まるで体育祭のようだ。学生専用の席はコートの真横。近い、近い。わぁーこんな近くでスポーツが見られるなんて、と始まる前からとても興奮した。

30分ほど待って試合は始まった。いやー、皆上手いね。私が知っている球技大会なんていうモノとは比較にならない。動きは早いし、そしてアメリカならではのダンクシュートが決まると、「おぉーっ。」と唸ってしまう。これぞ、アメリカのバスケ。いやー、アメリカに来てよかったよ、と思った瞬間。

しかし、最初は一挙一動に注目して見ていた私だったが、段々と時間が経つに連れて眠くなってきてしまった。なぜなら点差が開きすぎていたからだ。バスケでダブルスコアなんて有り得ないでしょう、普通。最終的にも30点以上の差をつけて、我が校が勝った。試合はやっぱりもう少し勝つか負けるかの緊迫感があった方が盛り上がるな、と思った。最後の方なんて、メンバーは全員2軍選手に入れ替えられたくらいだ。練習試合でもあるまいし。

もちろん、それでも試合はかなり楽しんだ。友人曰く、一番の注目選手はKevin Love(http://en.wikipedia.org/wiki/Kevin_Love_(basketball) 。まだ18歳なのに、NBAからも既に注目されている選手らしい。(この話をした私の友人はスポーツ大好きで、ウィキペディアの学校のスポーツ欄を編集した人である。ここ→http://ja.wikipedia.org/wiki/UCLA。)この選手は周りの人よりもひときわ大きく感じたのだが、実際は2メートルはないらしい。彼とは別に、私がいい動きをしているな、と思ったのは、Darren Collison。(http://en.wikipedia.org/wiki/Darren_Collison)動きが早い。ディフェンスの中に入っていくのが上手い。相手の裏をかくのが上手い。見ていて一番気持ちのいい選手だった。この二人とJosh Shippは全米の何かに選ばれたことがあるらしい。(友人情報による。)

ホームゲームのため、応援もすごかった。拍手、ブーイング、会場中の人が皆同じ動きをする。なにやら決まった動きがあるのだが、私は初心者のため今ひとつ遅れを取っていた。もう一回何かスポーツ観戦をすれば、マスターできるだろうが。それにしても連帯感に浸りながら、応援するのはとても気持ちがいい。あぁ、この学校にいるんだな、と言う愛校精神を共有する感じがとても高まる。

試合はあっけなく終わってしまったので、まだまだ何となく見足りない感じが残った。試合の合間に電光掲示板で他のスポーツ情報も流されていた。今週末は体操競技。(これはぜひ見たい。生で平均台や鉄棒を見てみたい。)そして野球も今週末からシーズンが始まるらしい。実は野球観戦が大好きな私はこちらにも興味がある。今まで全く見る機会がなかったので、これからはスポーツ観戦にはまるかも。(そうそうちなみに野球では、今日バスケで圧勝できた学校が一位にランクされていた。)何にしてもスポーツが強い学校にいると、見ていて楽しい。自分が実際にスポーツをしているわけではないのに、快感である。あぁ、この学校に入ってよかったとつくづく思った日だった。(単純なのは十分承知。)

自分が運動したわけではないのに、応援で興奮しすぎたらしく、何やらやけに体が疲れている。よく眠れそうだ。

あわせて読みたい

  1. 授業変更と卒業必要単位。

    2007年8月20日14:51

  2. 最近驚いたこと。

    2006年7月14日0:00

  3. 追い詰められて。

    2008年5月31日13:49

  4. 卒業の証。

    2009年12月12日10:56

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!