絶対話せる!英会話

とある土曜日の過ごし方。

この記事は2分で読めます

最近ずっと週末は遊んでいる私。今学期の週末は、あまり勉強していない。しかしこれから全ての科目で、合計3つのペーパーがあるので、そろそろ真面目に取り掛からないと。

さてまずレポート作成の準備。課題の一つである体力測定をしにジムへ行くことにした。生理学の授業のレポートである。学校のジムへ行ったのは、初めて。学生証をスライドさせるだけで施設利用はタダである。ロッカー代が50セント。友人二人と待ち合わせし、私の体力測定(とは言ってもバーベルを何回持ち上げられるかというだけ)に付き合ってもらった。しかしねぇ、バーベル、重たいんだな、これが。

ウォームアップとして、50%の重さで(自分が持てると思える重さの半分の重さでという意味)5回繰り返し、1分休む、60%の重さで4回繰り返し、2分休む、75%の重さで3回繰り返し、3分休む、85%の重さで2回繰り返し、3分休む、90%の重さで1回行う。そして最後に10分後、80%の重さで何回できるかを測定するというもの。

実は私の場合、この測定をするレベルまでたどり着くことすらできなかった…。バーベルの棒(と呼ぶのか?)を持ち上げるのが精一杯で重さをつけるなんて、とてもとてもムリ。棒だけのバーベルを2回持ち上げて、これが限度。友人と行くようにと指示をされていたのだが、納得。私一人だったなら、きっとその棒ですら、胸の上に落としてしまいそうだったからだ。そう考えると、横で思い錘を両側につけて持ち上げているアメリカ人男性たちは、ものすごい力持ちだ。一緒に行った友人達も「自分達は日本人男性代表として頑張るけれど、あんな重たいのはムリ。」と言っていた。その後散々力がないことをバカにされていたのだが、そこに更に友人が登場。(女の子)試しに彼女にもやってもらってみた。結果は、私と同じ。やったー、二十歳の女の子でも棒を2回しか持ち上げられない。(しかも一応彼女は高校までは運動部所属だったし。)よかった、仲間がいた、バーベルが持ち上げられないのは、歳のせいだけではないらしい、と少し安心する。

その後いろいろとマシーンをうろうろとし、少し走って帰って来た。シャワールームも沢山あるし、なかなか快適な施設である。もっと利用した方がいいかも。実は私初めてのジムだったため、ロッカーの鍵をなくしてしまった。あちこち探したのだが、見つからない。紛失は5ドルなのだが、受け付けのお兄さんが「いいよ、今回は。」と言ってくれたので、助かった。小さな鍵なので、うっかりどこかで落としてしまったらしい。

ジムの後、それぞれがシャワーを浴びに家や寮へ帰り、その後風来坊で合流。(居酒屋)そしてご飯を食べ、私のアパートへ移動した。外で飲むと高い、そして一人まだ21歳になっていないため外で飲むことができない子がいるため(アメリカは21歳からお酒が飲める)、あらかじめ私の部屋で飲むことにしてあったのだった。2週間遅れで誕生日ケーキを贈られ、Happy Birthdayも皆に歌ってもらった。わぁ、こんな誕生日祝いって、小学生以来かも。Beard Papa’sのケーキはおいしかった。

さて一夜明けて、今日の私。二日酔い。気持ち悪かったりとか、特に具合が悪いわけではないのだが、頭がなぜか痛い。もう午後2時だというのに、いかん、いかん。しかしそろそろ何か行動を開始せねば。まだ少し頭が働かないようなので、とりあえず仕事から先に始めることにしよう。明日はここで勉強のはかどり具合が書けるといいのだが…。寝不足や二日酔いって、本当に人として役立たずになってしまうから、困ったものだ。

あわせて読みたい

  1. なせば成る。

    2006年9月17日0:00

  2. 授業変更と卒業必要単位。

    2007年8月20日14:51

  3. モスクへ。

    2006年3月28日0:00

  4. Drop。

    2008年10月9日15:09

  5. 早いもので…。

    2008年9月4日9:48

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!