絶対話せる!英会話

天の助け?

この記事は2分で読めます

来週の歴史の授業のファイナル試験、絶対にこのままではまずいと思っていたのだが、何とTake-home examに変わった。しかも、来週の月曜日に配布され、提出は1週間後。そうすると、来週の木曜日のEpidemiologyのファイナルが終わった後に、勉強することができることになる。

来週の月曜日にはペーパー提出で、今はそのために読書中であり、しかも相変わらずEpidemiologyにはついていくのがやっと、というこの中で、一体どうしたら歴史の勉強ができる時間が作り出せるのだろう?と考えてところだったので、本当に助かった。

昨日ベトナム史の授業の方のMidtermが返却された。クラス全体の出来が相当悪かったようで、教授はがっかりした、と言っていた。ちなみに私は92点だった。Study Guideに書かれていることを勉強していけばいいだけのはずだったのに(しかし答えを出すには、とりあえず授業出席と、リーディングアサインメントを読まないとならなかったが)、92点だったので少しがっかりした。しかし教授は私以上に学生の出来にがっかりしたようで、それで今回はtake-home examになったのではないかと思う。ファイナル試験は、2時間では書き終わらない内容になる、と言っていた。

私はMidtermのときは、休む間もなくひたすら書きまくった。そしてきっちり1時間かかり、見直す暇もなく提出。Final が2時間あったと思うと、洒落にならない手の負担なので、take-home examに変わったことは、その点でもありがたい。(私は万年軽い腱鞘炎持ち。)

来週のペーパー提出のために、3分の1ほど読んだ本があったのだが、何が言いたいのかちっとも分からなかったので(英語も少し難しかった)、昨日途中までのその本を放り投げて、新しい本を借りてきた。すると数時間しか読んでもいないにも関わらず、おもしろいように読書が進む。思い切って本を変えてよかった。明日中には読み終えて、下書きは書けると思う。

昨日までは、歴史の方のテスト勉強する暇がない、Epidemiologyは授業についていくのがやっと、歴史本を1冊読んでペーパーも書かないとならないということで、「うわー、どーしよー」と思っていたのだが、テストは延期されたし、前日のクイズは初めて満点が取れたし、新しい本を見つけて読書も進んだし、何だか昨日は天の助けがあったような気分になれた1日だった。

あわせて読みたい

  1. どうにか、こうにか。

    2005年7月12日0:00

  2. 成績が「I」?

    2006年6月17日0:00

  3. うー、77点。

    2005年1月19日0:00

  4. ひとやすみ。

    2004年10月22日0:00

  5. なせば成る。

    2006年9月17日0:00

  6. 夏の成績。

    2008年9月24日5:05

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!