絶対話せる!英会話

質問していいですか?(#30)

この記事は3分で読めます

前回は、
Can I have ~?
Could I have ~?
May I have ~?

を取り上げました。今日はその続きになります。

 

今日はどの表現を
もっともよく聞くかという頻度について
書いてみようと思います。

[1] もらっていいですか?
[2] レストランでも使える「これください。」
[3] 質問していいですか? (この記事です。)

 

私の周りで一番よく聞くのは、「Can I ~?」です。

それは多分私がフォーマルな会話をする環境に

いないからでしょう。私の勤めている会社でも、

Can I ~?」 「Can we ~?」がよく使われています。



大学でも、「Can I (we) ~?」が多く使われていました。

たとえば教授に「宿題はメールで提出することができますか?」は、

学生がこう聞いていました。

今はオンラインで提出なんて当たり前だと思いますが。

 

■  Can we turn in homework by email?

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

また「質問していいですか?」は、

以下のように言うことができます。

 

こちらの方が丁寧ですが、

 

■  May I ask a question?

 

こちら「Can I (we) ~?」でも構わないです。

 

■  Can I ask a question?

 

どちらでも、たとえばミーティングの後などに、

質問があるときなどに使えます。

 

一方で、下の文のように、「you」を入れますと、

その人へ向けて質問をすることになります。

状況にもよりますが、こちらは

個人的な質問をする感じでもあります。

 

■  Can I ask you a question?

 

また、同じ会社でありながらも、

受付の女性や人事部の人は、私たちよりも

丁寧な言葉遣いをしていると思います。

受付の人たちは、「Can I ~?」 の代わりに、

 

■  May I ~?

 

を使いますし、

Do you want me to ~?

(私に~をしてもらいたいですか?)の代わりに、

 

■  Would you like me to ~?

 

という言葉遣いをしています。

 

どういう言葉遣いをしていいか

距離感がわからない場合は、

まずはもっとも丁寧な言葉遣いをして

それから様子を見ながら

周りに合わせていくといいのではないでしょうか。

 

30.caniaskaquestion

 

学生時代にレストランで

ウェイトレスをしていたときには、
お客さんによっては「May I have ~?」を
聞くこともありましたが、
昨日も書きました通り、大抵は
I’ll take/have ~.

Can I have ~?」でした。

 

Can I ~?」に比べると、

May I~?」や

Could I~?」の頻度は低かったです。

(あくまで私の周りの環境ではですが。)



May I ~?」はあとは子供も使います。

丁寧に許可を求める聞き方なので、

大人にお願いする際に使うわけです。



あと「May I~?」をよく聞くのは、

カスタマーサービスへ電話したなどです。



 May I have your name and registration number, please?



あとは、上司の部屋へ行って、

「ちょっと失礼して(入って)いいですか?」と

ノックするときなどにはこう言います。



 May I come in?



その後は、先日も紹介した



 Do you have a minute?


「ちょっとお時間いただけますか?」で

続ければいいと思います。



会社で周りの人の会話に

しばらく耳を澄ませていたのですが、

私の職場では「May I ~?」の頻度は低かったです。

でも、電話はこういうのを聞きます。



 May I have your name again?



「名前をもう一度おっしゃってくださいますか?」

と聞いています。



南カリフォルニア在住の私の場合、

会社でもそれほど丁寧に会話をする機会がないため、

Could I ~?」の頻度が少し低い印象です。



しかし、私の友人の職場(皆が動き回っている職場)では、

皆がパタパタしていて、イライラしがちなので、

なるべく全員が全員、丁寧に話しかけるように

心がけているそうです。なるほど、ですね。



質問の丁寧さ具合は、

周りの人の話す言葉遣いに合わせて

使い分ければいいかと思います。

英語は地域によって、また話をする場によって、

言葉が少しずつ違います。日本語でもそうですよね。



ですのでその場に応じて、

話し方を少しずつ変えればいいと思います。



何にせよ、「Can/ Could/ May I ~?」は便利な表現です。

いつでもすぐに使えるようにしておいてください。



「Can I ~?」は今日の記事で3日目になります。

Vol.28から、もう一度読んでおいてください。

 

[1] もらっていいですか?
[2] レストランでも使える「これください。」
[3] 質問していいですか? (この記事です。)

「ちょっとお時間ありますか?」

 

私がどうやって29歳から英語を勉強し直し、

今に至ったのかの勉強法については、

こちらのPDFにまとめています。

040t

★ 「英語を使えるようになるための学習法」無料プレゼント

 

ダウンロード

ダウンロードはこちらから

 

記事が楽しめましたら、クリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

★ iPhone & アンドロイド無料アプリ

絶対話せる!英会話。アメリカから英会話&英語攻略法をお届け。

絶対話せる!英会話。(無料)
アメリカから英会話
&英語攻略法をお届け。
 

 

あわせて読みたい

  1. 64. 自動翻訳の落とし穴

    2013年9月2日6:09

  2. 60. あいづちの「I know.」

    2013年8月29日12:14

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

これをしないとあなたは英語が話せない

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!