絶対話せる!英会話

パタパタ。

この記事は3分で読めます

今日はクイズが二つ。SpanishとWorld Religions。World Religionsは絶対に満点取れると思ったのに、「あれ?教科書に書いてないこと書いてある。」恐らく1ポイントマイナス。Spanishの方は段々ヤバくなってきた。もう2日だけ集中して勉強しても間に合わん。毎日コツコツと勉強しないといけないようだ。授業が始まってからものすごい勢いで単語を覚えている。いや、平均すれば恐らく一日30語くらいですむはずなのだが、いつも最後の1日半で覚えるからすごい量になる。試験はリスニングが難しい。覚えたばかりの言葉にすぐに反応はしないのだな、私の脳は。

しかし難しく考えるからいけないようだ。内容なんてあまり聞いていなくてもいいらしい。文法も気にしなくていいらしい。聞こえる範囲のことだけ(つまり教わったことだけ聞き取ればいいらしい。知らない言い回しは無視して。)それだけで答えは出るようにできているらしのだが、私は日本人。文法で気になることがあれば気になる。知らない言い回しを聞けば、何て言ったか聞き取りたい。

教授に質問すると、「Translationをしているわけではないのだから、今はそんな細かいことは気にしなくていい。分からないことは後で勉強するから。」と言われてしまう。でもやっぱり文法が気になるんだな、これが。あぁ私ってとても日本人。どうしても訳したくなってしまうし、文法事項をチェックして理解したくなってしまう。

クイズが終わってのんびりしたい金曜の午後なのだが、やらなければいけないことがたくさんある。まず終えたことは、

1.外務省への依頼お手紙づくり
2.委任状づくり(銀行と外務省)
3.法律会社へコンタクト

4.コンピュータのリベート手続き
(これがなかなか面倒だった。ネットではリベート書式の画面へすぐに辿り着けないし、リベートが受け取れるかどうかに関する情報は、見逃すほど小さな文字でパッキングリストに書かれているだけ。そしてリベートを受け取るためには、Shipping Dateから30日以内にリベート希望書式を郵送することが必須。かなりの人がこれを逃してしまうのではないだろうか。明らかに消費者がリベートを忘れることを希望しているようなシステムだ。そのくせ広告に表示してある金額はリベート後の金額だったりする。アメリカ企業のいやらしさを垣間見たような…。最初から差し引かないところが何とも言えん。全く面倒なことをさせてくれて。)

といらいらしながら、やらなければいけないことを順にこなす。何だか会社で働いていたときのようだ。

そしてこれからするべきことは
1.KCCからの全書類を読み、足りないものを調べる
2.飛行機の予約
3.予防接種の受け方を調べる
(4.教授との交渉-mid term exam を受けられない場合、どうしたらいいかの相談。)

ここで昨日からのことをちょっと説明。
昨日日本のアメリカ大使館へ面接日の日程変更をするために電話をしてみた。しかし結果は「それはできん。」と言われてしまった。法律会社の人にも変更できると言われていたし、ネットでの体験談にも変更したケースはあったのに。なぜ???急に???

電話は大使館に直接つながるのではなく、外注の会社がやっているらしいが、以前はこの電話でも変更ができたらしい。いろいろと質問したところ、今はもうできないし、法律会社は最新情報を知らないだけだろう、と言われてしまった。どうしてもと言うのなら、一度キャンセルをして再スケジュールを組みなおすことになり、それはいつになるかは分からない、とのこと。変更もできないのに、この電話に1,680円払ったのは非常に悔しい。またまたアメリカ企業の、いえアメリカ政府の、いやらしさを垣間見たような…。

ということで途方にくれた。4月のはじめのインタビュー日程を変更できないとしたら、私は授業を2週間近く休まなければならない。しかも休まなければならない週にはMid term examsが2つ。Spanishの教授は試験を後で受けてもいいと言ってくれた。World Religionsの教授は「スケジュールが全部分かったら教えてくれ。そうしたらやらなければいけないことを全部教えるから。2週間以上かかるかもしれないな。」と理解を示すお言葉が。

そして残りは音楽一つ。しかーし一番厳しい教授だったりして。「2回クラスを休んだら、ドロップさせるから。」といつもおっしゃっているお方なのである。その彼女に4回も授業を休ませてくれなんて…。が、面接日が変更できないのなら、そうするしかないし…。そして難しくない授業たちだけにこの欠席が成績に響くことだけを心配する私。他で穴埋めできるののなら、レポートでも何でもできる限り提出しますから、といった心境。

今は法律会社に電話とメールをし、返事待ち。返事を待ってどうするか決めるつもりだ。担当者が今日本へ出張中なのがちと痛い。

もし変更できないのなら、25日頃には帰国することになるだろう。何ていう慌しさ。あー気ばかりが焦る。飛行機予約しなきゃ、空港まで送ってくれる友人探さなきゃ、健康診断予約しなきゃ、教授と交渉しなきゃ。
でもまだ完全に決めてからでないと、動けなーい。

心配してもなるようにしかならないから仕方ないのは分かっている。
が、気ばかり焦り、何だかパタパタモード。
こういう性格、直さなきゃ。もっと”どっしり構えていられる人”になろう。
早く全部終わってすっきりしたい。

あわせて読みたい

  1. アメリカの保険って…。

    2006年3月16日0:00

  2. さていよいよ明日。

    2006年4月23日0:00

  3. 最終手続き完了。

    2006年5月1日0:00

  4. 免許の更新。

    2010年2月23日2:07

  5. 所得と税金とFinancial Aid。

    2007年1月27日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!