絶対話せる!英会話

グリーンカードがやってきた。

この記事は1分で読めます

昨日の夕方、郵便物を取りに行ったら、薄っぺらい封筒が1枚、メールボックスの中にぽつんと入っていた。むむ、ひょっとして?と思い、その場で開けてみる。
おぉっぅ、カードが入っているではないか。

中庭を歩きながら文字を読む。Your Application Has Been Approved.と書かれている。そしてカードには写真と指紋(でかい。実物大だ。)が貼ってある。
「こ、これがグリーンカードか!」

すぐ誰かに見せたくなったのだが、ルームメイトは昨日から留守。なのでそのまま3軒先のJohn&Patの部屋をノックする。Patが出てきたので、「見て、見て。グリーンカードが届いたんだよ。」と見せた。「早いね。もう来たんだ。」「これは本当のluckだよね。」と言われた。その後少し話し込む。「ひょっとしたらこれでローンも通るかもしれないよ。」とPatが言った。おぉ、そうしたらこれはすごい効力だ。

その後部屋に戻ったところ、Johnが「グリーンカード、届いたんだって?」とやってきた。

「お祝いをしに飲みに行こう、今ならハッピーアワーだから安いし。」というので、近所のバーへ飲みに行った。バーテンダーのお姉さんが実は同じ学校へ通っていることが判明し、ちょっと話が弾む。ビリヤードをし(実はきちんとビリヤードをするのは初めて。)その後、アパートの別の部屋(Johnの知り合い、台湾人)の飲み会に合流し、帰ってきたら午前2時だった。8時間も飲み続けていたらしい。

今朝起きてしみじみとグリーンカードを眺める。裏面は金色の加工がしてある。光を当て反射させてみると、そこにも私の写真と名前が刻まれている。なかなか凝った作りだ。有効期限は10年間。10年後には更新しないといけないらしい。

何はともあれ、これで一連の手続きは終わったらしい。「グリーンカードの抽選に当たりました」という弁護士からの連絡が来たのが昨年の5月だった。そして5月12日に本物をゲット。大勢の人が待っている中で、私は1年という短い期間で、大した手続きもなく、これを手にすることができた。グリーンカードを手に入れるのには、ひょっとしたら抽選が一番早いプロセスなのではないだろうか。

いろいろとお世話になった皆様、ありがとうございました。
あ、法律事務所にも報告しておこう。

あわせて読みたい

  1. さていよいよ明日。

    2006年4月23日0:00

  2. 最終手続き完了。

    2006年5月1日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!