絶対話せる!英会話

移民手続きいろいろ。

この記事は2分で読めます

今日は授業の後、Admission Officeへ。Residency Specialistの彼女に書類を手渡した。先週話を聞きに言ったところ、international studentからresidentへのstatusを変更するには、グリーンカードの手続きを1年前に始めたという書類&今度受けようとする学期の授業開始日の前、1年間と1日カリフォルニアにいたと証明できる書類が必要だと説明された。

1年+1日の滞在証明書は3つ必要。
そのうちの2つは“1年と1日より前”に手続き(アプリケーション)を開始した証明書。私はKCCからの“グリーンカード抽選当選お知らせレター”と自分がその後KCCへ提出した書類(日付とサイン入り)をコピーして持って行った。

3つ目のアイテムは、1年と1日間、カリフォルニアに確かに滞在していたという証拠書類である。一番いい書類は、アパートの契約書&レシート、そして自分の名前の入った光熱費の請求書などらしい。しかし私は昨年のアパートの契約書なんてとっくの昔に捨ててしまった。まさか必要になるなんて、普通考えないだろう。

仕方がないので、昨年のアパートの契約書はすでに破棄してしまったこと、そして昨年の光熱費には自分の名前が含まれていないことを説明して、その代わりとなる別の書類を用意した。まず銀行へ行き、いつから口座を持っているかの証明書を書いてもらった。そして手元に残っていた銀行からの明細書、昨年の車の保険証書、今年のアパートの契約書などをコピーして提出したのだ。

担当者はしばらく事務所の奥へ行って誰かと相談していたが、戻ってきて「OK.これで変更してあげられる。夏からはCAの住人としての授業料になるわよ。」と言ってくれた。やったー!

これで1単位がたった$26になる。International Studentが1単位当たりで$205払っていることを考えると、1単位で$179も違うのだ。平均的なところで一学期に12~15単位取ると考えると、$2,148~$2,685も違ってくる。ちなみに今日のレートは111.11円。計算すると、238,664円~298,330円。1学期だけでこの差は大きい。

その後はINSオフィスへ行った。先月DMV(免許センター)で身分証明書をINSオフィスへ持って行った方が免許が早く届くと言われたのだ。DMVでそう言われたことを伝え、最近Immigrant Visaを取得したことを伝えると、特にINSオフィスで身分証明書を見なくてはいけないということはないが、私の現在のステータスがどのように記録されているかを調べてくれるとのこと。その担当者は、私がすでにImmigrantとして登録されているので、本物のグリーカードも恐らく7営業日以内には届くと思うと教えてくれた。

そして最後にSocial Security Officeへ。名前が間違っていたことを伝えると、事務所側でも間違いに気づいていたらしく、すでに2度目のSocial Security Cardも送付済みだと言われた。

これで今のところ必要な手続きは一通り終わったと思われる。あとは免許が届くのを待つだけだ。
永住権をゲットしたとはいえ何から手をつけていいのか分からず、いろいろあちこち質問しに行き、少しずつ書類を集め、どうにか現在すべきことは終わったらしい。それにしても何も仕組みを知らない国でこれからも先、一人で全てをしないといけないということは大変だろう。ふと他人事のように思った。

何にしてもこれからは授業料が安くなる。これは本当に助かる。ありがたい。

あわせて読みたい

  1. 免許の更新。

    2010年2月23日2:07

  2. Financial Aid。

    2006年9月28日0:00

  3. 面接日の変更。

    2006年3月10日0:00

  4. 初めての事故。

    2006年5月17日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!