絶対話せる!英会話

持って来てよかったもの&欲しいもの。

この記事は2分で読めます

昨晩はYoung MiとYoung Miの彼と一緒に焼肉。食べ過ぎて朝まで胃もたれが続いた。やはり肉を食べ過ぎると、あまりいいことがない。

昨日からようやく読み始めたテキスト。なんてことはない、イントロダクションを読んだだけで眠くなり、昼寝をしてしまった。おいおい、大丈夫か、私。そして今日はブラインドを全部はずし、きれいに洗った。アメリカのアパートって本当に窓周辺が汚い。きれいになってすっきり。掃除をしたら、またまた昼寝。何でこんなに眠るんだー、私。

今日は私が持ってきて良かったなー、と思うものについて書いてみる。
(PC等、当たり前の物は省く。)

1.DVDプレーヤー
こんなものこっちでも手に入るが、日本の家に置いておいても使わないので持って来た。CDプレーヤーの代わりにもなるので、超重宝。

2.小さなホットカーペット。(60cmx60cm)
ここは普段は暖かいが(昼間ならTシャツ一枚で可)、朝晩は冷えるので床にひいてペタンと座っている。毛布をかければ、小さなコタツに早変わり。寝るときに足元に置くと、電気毛布代わりにもなる。
ホットカーペットは変圧器を利用して使っているのだが、変圧器自体が熱くなりすぎると自動的に止まってしまう。しかし落ち着くとまたついてくれる。(本当は変圧器はこういう使い方はいけないのかもしれない。)

3.小さな加湿器。
CAはとにかく乾燥地帯。そのおかげであちこちすり傷だらけになった。静電気もすごいが、加湿器をつけておくと、そういうことがなくなる。
加湿器はそのまま直接プラグへ。電圧の関係でこちらの方がよく働いてくれる。つまり蒸気が多く出る。(こんな使い方していると、寿命は縮まるだろうな。)

4.S字フック。
何かをひっかけるのにとてもいい。小さなS字フックはアメリカではまだ見たことがない。

5.洗濯物を干す道具(正式名称を知らない)
下着などはちょこちょこと洗って部屋に干しておけばすぐに乾く。

6.電気スタンド(お気に入りなので持って来た)
手で台座の部分に触れるだけで3段階の明るさで点いたり、消えたりする。いちいちスイッチを切らずに済む。この手軽さが寝る前の読書に最適。

今のところ特に愛用しているのは、上記の品々。

一方、今あったらいいな、と思うのは、レースのカーテン。私の部屋は1Fで中庭から丸見え。ブラインド(縦のブラインド)を開けないと部屋は昼間でも真っ暗だし、開ければ丸見えで、異常に部屋の中の気温も上がってしまう。とりあえずレースのカーテン(特に外から見えにくい工夫がされているカーテン)があれば、光は取り込めるし、丸見えはなくなる。今度帰国したときに買って来よう。あるいはフィルムでも窓に貼ろうか。

私の部屋は必要なものが大抵揃っている。何せ3度目のアメリカ暮らし。人からいろいろと物もいただいているし、少しずつ買い揃えてきた。先日遊びに来た友人も「何年もここに住んでいるかのように何でも揃っているね。」とコメントを残していった。貧乏なクセに本当に快適な生活である。部屋も広いし、リビングも台所もいつもきれい。(私達のこの部屋は土禁だし。)

折角快適なのだから、もう少し真剣に勉強しないとね。
テキスト読もうっと。

あわせて読みたい

  1. 模様替えと気分転換。

    2004年12月5日0:00

  2. 不自然な緑。

    2009年10月15日4:34

  3. 待っていたものが届く。

    2006年3月2日0:00

  4. New York City。(初日)

    2007年8月18日13:47

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!