絶対話せる!英会話

ここ数日。

この記事は2分で読めます

本日は2月2日、木曜日。
ここ数日の動きについて書いてみる。

授業をルネサンスの歴史から音楽へ変更。スケジュールを組みなおし、授業料を支払い、IDシールをもらった。SociologyとHumanities(World Religions)の教科書を買い、昨日は友人にSpanishの教科書を借りた。音楽の教科書はUsedがなく、ちょっとどうやって手に入れるか思案中。(100ドル近い値段なので。)

やっと洗濯をした。洗濯機が新しくなっていた。ちょっとうれしい。

先日引越しを手伝ってもらった男の子から「お帰りなさい」のワインとチョコをいただいたので、一昨日JohnとPadの部屋(彼らの部屋は本当にご近所。恐らく20秒で行ける。)で一緒に飲んだ。その夜は大統領の一般教書演説があり、3人で「うーん、もっともらしいことを言っているねぇ。」と見ていた。長いのね。1時間少しあった。いや、拍手をしたりStanding Ovationしなければ、もっとさっさと終わったに違いない。いちいち面倒な習慣だ。しつこいほど「Make America Competitive」と言っていたので、「よっぽどこのフレーズ好きなのね。」と二人に言ったところ、「アメリカ人はこういうフレーズが大好きなんだよ。」と説明された。

昨日はYoung Miと4ヵ月半ぶりにご対面。彼女に会うのは、彼女が日本へ遊びに来て以来。彼女は今近所のUCでGraduate用のMarketingのクラスを取っている。韓国でも無事に大学が卒業できたそうで何より。彼女は今クォータでの授業が終われば、MarketingのCertificateがもらえ、その後はここでOPTを申請することになっている。CAには韓国企業がいっぱいあるので、そういうところでは仕事が見つけやすいのではないかと思ったのだが、彼女曰く、「韓国人はお金に対して欲張りだし、必要以上に上司に合わせなければならない。どうせ韓国へ帰ったら韓国人とだけ働くことになるのだし、今せっかくここで働くのなら、韓国人とは働きたくない。」と言っていた。

何はさておき、彼女は私に話したいことがもう山のようにあったらしく、何から話そうかと考えるくらいだった。2時にラボで待ち合わせ、夜の9時過ぎまで私のアパートにいた。3時半頃Johnが遊びにやって来たので合流し、3人でひたすらおしゃべりしまくった。(ちなみにYoung MiとJohnは初対面。)

今朝は朝9時に以前一緒に働いていた日本人女性と会い、またまたおしゃべり。何で朝の9時から待ち合わせなのかと言うと、彼女は昼間と夜、ウェイトレスをしているので、朝しかゆっくり時間が取れないのだ。午後は子供二人をピックアップしに学校へ行かねばならないし(まだ車に乗れる年齢ではない)、夕食の支度もしなくてはならない。シングルマザーなので、一人で全部こなさなければならないので本当に大変だと思う。日本にいた方がもちろんよっぽどいい生活はできたはずとは思うが、彼女はここで頼る人もいない中、しっかりここで生きている。昨年よりもとてもいい表情をしているので、そういう彼女を見ていると私も嬉しい。

そうそう今日から電話がつながることになっている。しかし私は肝心の電話機を持っていない。昨日この話をJohnに話したところ、古いのをいただくことになった。そういえば彼からは昨年留守電応答器もいただいた。私は本当に皆さんからいろいろと物をちょうだいする。(引越しのときには荷物を預かっていてくれたお宅からタンスもいただいてきた。)助かります、本当に。

明日はYoung MiとYoung Miの彼とDinnerに行くことになっている。ははは、毎日遊んでばかり。

本当にのんびりしているのだ。おまけによく眠る。8時間だろうが、9時間だろうがしっかり熟睡。前回来たときのような時差ボケなんて全く今回はなし。健康そのもの。そうそう、予想通り既に5ポンド減った。(到着後10日で。)特に何をしたとか、意識をしたわけではないのだが、先週はいろいろと用事があったのでお昼を食べ損なってしまったのだ。何はともあれ、アメリカに来ると必ず体重が減るのは嬉しいこと。

さーて、今は午後1時30分。今日はこれから何も予定がないので、やっと予習を始める。こんなに勉強しなかったのは、恐らくこの3,4年で初めてかもしれない。2月になったことだし、つまりあと2週間で授業も始まることだし、そろそろ本腰入れないと。

あわせて読みたい

  1. どうなっているの?

    2008年9月29日7:17

  2. 働き始めた。

    2006年6月16日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!