絶対話せる!英会話

1月1日、ロングビーチへ。

この記事は1分で読めます

天気が良かったので、午後からロングビーチへ行ってみた。道が空いていたので、50分ほどで到着。Queen Maryの辺り。寒くもなく、日当たりのいい海岸沿いの散歩は気持ちがよかった。ここは散歩をしている人がたくさんいた。新年早々気持ちがいい。

その後、San Pedroへ。ここではSan Franciscoと同じようなFisher\’s Pierがある。しかし規模はもう少し大きく、Seafoodが安く食べられる。しかし絶対に一番少ない量を頼むべきである。私は9ドルの魚と野菜ミックスを頼んだ。トレーいっぱいの量である。日本だったら絶対に4人分にはなりそうな量だ。

ここのお客は98%がヒスパニックと思っていい。一体どこに白人が?黒人が?そしてアジア人が?アジア人家族は3家族見かけたけれど、それ以外は全てヒスパニック。話されているのはスペイン語が圧倒的に多い。

テーブルをシェアしたら、先に座っていた子供たちに話しかけられた。座るなり、
「Hello。どこから来たの?」
「中国?」
「日本?」と話しかけられる。
「(私)日本よ。」
「遠くから来たんだね。」
「ここは強くていい国だから皆遠くから来るんだよ。」
「(私の心の声)へぇぇ、既に愛国心が。」
「日本にキングはいるの?」
「Emperorはいるよ。」
「へぇ…。」というように話は続いていく。テーブルを去るときも「ほら、皆バイバイって言いなよ。」と一人が言うと、5人の子供が「バイバーイ。」って手を振ってくれた。日本の子供と違って、アメリカの子供はとてもフレンドリーだ。彼らは10歳くらいだろうと思うのだが、既に英語とスペイン語のバイリンガルで、上手く使い分けている。うらやましい。

それにしてもヒスパニックはたくましい。Pierの横には、レストランが並ぶ。そちらで行列を作っているお客は白人ばかり。多分私が食べたものが、レストランでは3倍くらいの値段になるのだろう。

ロングビーチは初めて行ったのだが、いい感じの町だった。海岸沿いを歩いて散歩できるなんて贅沢だ。私が住んでいる町は砂漠地帯なので、散歩してもハゲ山しか見えん。

さ、明日からは現実。朝6:50から3時間の授業と2ヵ所での8時間労働が私を待っている。

最後の休日として、そしてなかなかいい一年の初日だった。

あわせて読みたい

  1. 更にもう1件。

    2009年3月1日4:25

  2. 税金高くない?

    2006年8月20日0:00

  3. Pechanga。

    2007年9月18日7:01

  4. 肥える腹回り…。

    2005年4月27日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!