絶対話せる!英会話

銀行強盗?

この記事は2分で読めます

昨日は銃を構えた警察官を見た。場所はサンタモニカのBank of America。私は友人と車に乗っていた。

パトカーが見えたので、私の友人の彼女は「何があったのかなー?私こういうの見るの好きなのよね、行っちゃおう。」とその道にわざわざ入って行った。ま、元々彼女がアパートを探すためにその辺りの道を一本ずつ車を走らせていた。パトカーが止まっているのはよく見ることだし、人が逮捕されているのを見たこともアメリカへ来てから3度ほどある。しかし昨日は警察官たちに少し緊張感が漂っているようだった。そしてヘリコプターも上空を飛んでいた。

何となくいつもと違うかも、と思ったのは、女性警察官が木の影に隠れて銀行の方を見ていたからだ。そして私たちの前に停まっていたパトカーの警察官も、パトカーの奥に隠れ、パトカーごしに銀行の入り口へ銃を向けていたからだ。また別の警察官は中にいた人らしき人に事情を聞いていた。そしてそのすぐ横を車で通る私たち。友人がゆっくりと走っていたので「ねぇ、早く走ってよ。」と急かした。流れ弾が飛んできそうな雰囲気だったからだ。

通りの端まで来ると、またパトカーが一台。そしてそこで大通りへ右折。すると今度はライフルなどを構えている警察官がいた。さらに事情聴取らしき警察官。銀行は通ってきた道と入った道の角にあったので、銀行の中が見えた。「うーん?」と私たち。銀行の中を誰かが歩いていたのだ。「誰か歩いていなかった?」「うん、歩いていた。」「えっ、じゃ何でもないのかな?」「いや、中にいた人、銃を持っていなかった?」「いや、見えなかった。」それにしても銃を構えている警察官の横を次々に通る車。この程度では交通規制はしないらしい。

入り口に向けて銃を向けている警察官たち。銀行でこのシーンは間違いなく銀行強盗か何かだろう。物騒だな。アメリカで銀行強盗なんて成功しないだろうに。何せ窓口は分厚いガラスで仕切られているし、内側に入るには暗証番号を入力しないと入れない。それでもどうしても事情があって、事件を起こしてしまったのだろうか。Santa Monicaは比較的治安のいいところ。そしてBank of Americaは私が最近口座とクレジットカードを作った銀行。どこにいてもそれほど安全、ということはないのだな、と改めて思った。実際に周りで事件はよく起きてはいるのだが、緊迫したシーンを見るのは初めてだった。LA暮らし、今までよりも更に周りに気をつけるようにした方がよさそうだ。

あわせて読みたい

  1. 隣町。

    2006年9月13日0:00

  2. 今日驚いたこと。

    2010年4月1日15:26

  3. 下見。

    2006年8月5日0:00

  4. 心配なこと。

    2006年2月6日0:00

  5. 車が復活!

    2008年3月27日11:45

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!