絶対話せる!英会話

アメリカに来て一番散財した日。

この記事は2分で読めます

私はアメリカに来て以来、相当な倹約の日々を送っている。多分日本にいる同世代の人と比較をしたら、同世代で最も出費が少ない人に選ばれてしまうのではないか、と自分で思うほどだ。外出先で飲み物、食べ物は買わない(重いが、常にコーヒーと水と何らかの食べ物を家から持参)、外食はしない(安いファーストフードでさえ立ち寄らない)、必要以上のものを買わない、と徹底した倹約振りで2年半、コミカレ生活を送った。多分若いときに買っていた洋服一枚の値段で、1ヶ月の生活費全てをカバーしていたと思う。(私も若いころはお金を使っていた。)

トランスファー後ファイナンシャルエイドをもらえることになり、生活費まで補助をしてもらえることになったので、なおかつ仕事を二つをするようになったので(大して働いてはいないが)、どうにか人並みの生活が送れるようになった。しかし外国で一人身、何かあったときにお金が全く手元にない場合困る。そのため貯金を少しでも増やすため、実際の倹約生活はあまり変わっていない。それでもトランスファー後は少しは余裕ができたので、週に1度くらいはコーヒーを買ったり、学校でお昼を買ったりするようになった。

そんなに徹底して支出を抑えている私が、昨日の日曜日は散財した。たまにお金を使うと気持ちがいい。マッサージへ行き、高級レストランでワインを飲んでステーキを食べ、ついでにストリップまで見に行ったのだ。もしこれが日本でだったら、目の飛び出るような金額になりそうだが、アメリカではそこまでは高くはならない。40ドルのマッサージ+チップ、レストランでは60+チップ、ストリップの入場料は20ドル。チップを入れても合計でも150ドルくらいだ。しかし日々の倹約生活を考えると、これはものすごい出費である。
が、たまにお金を使うと気持ちがいい。

タイマッサージはLAではかなり安い方だと思う。1時間で40ドル、しかもかなりしっかりとマッサージをしてくれる。ステーキ屋は高級なお店だったので、とまっている車は高級車ばかりだった。しかしワインをボトルで頼んでも一人60ドルほど。お店の雰囲気を考えると、日本では考えられない安さだと思う。

そしてストリップ。一度行ってみたかったのだ。クラスメートの男の子たちが時々行っていたので、連れて行ってもらおうと前から思っていたのだった。ストリップを見たのは人生において初めての経験なので、比較のしようがないが、アメリカのストリップはとてもキレイだと思った。何せ踊り子(10人以上いたが)が皆かわいい。スタイルもよかった。(日本人感覚からすると、ちょっとお腹はぽっこりしてはいたが。)映画で見るような想像通りの場所だった。ポールがあって、それを使って踊るのだ。でもあれによじ登ったり、曲芸のようなこともしてくれるので、体力と多少の運動神経が必要だな、と思った。昨晩は日曜の夜だったせいか、お客は私と友人たち、そして目の前に男女のカップル、単独の男の人4人しかいなかった。従業員の数の方が圧倒的に多かった。

ストリップは初めてだが、以前ラスベガスで上半身だけがヌードのショーを見たことはある。ショーもきれいだな、と思ったが、ストリップの女性たちもきれいだった。ま、もう行くことはないとは思うが(一度見てみたかっただけなので)、意外に楽しかった。あ、そうそう、お店の入り口(お金を払うところ)には、日本語と韓国語で「当店はハリウッドスターも来るほどのお店です。どうぞお楽しみください。」などというようなことが、かなりデカデカと書かれていた。日本人と韓国人のお客が多いということだな。

さ、散財した後は、また今日からは倹約生活。今日もしっかりとコーヒー、水、サンドイッチを持参した。

あわせて読みたい

  1. うるさいのだけれど…。

    2008年3月5日17:18

  2. 初授業。

    2007年1月3日0:00

  3. たまには散歩。

    2008年11月17日14:36

  4. Finally…。

    2007年7月23日16:43

  5. お金の心配。

    2004年11月5日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!