絶対話せる!英会話

2つ目の仕事。

この記事は1分で読めます

今日から前に働いていたレストランで働き始めた。お店は1ヶ月前に場所を移転し、新規オープン。新しいレストランは超キレイ。お客さんの数は以前と変わらないが、広ーいので、何だかとても暇な店のようだ。

それにしても久しぶりの立ち仕事。5時間立ちっぱなし。疲れた…。おまけに変な着物を着せられる。この着物、何とツーピース。上と下が分かれているのだ。そのため動き回っているとずるずるとずれていき、何だかおひきずりさん状態になってしまう。(←これ、分かる人いますかー?分かる人は古いですねぇ。)なので何度も直さないといけないので、とても面倒なユニフォームだ。脇も開いていないし、生地はポリエステルなので、とても暑い。汗をかきかきしながらの仕事である。

以前から働いている2人と、昨日入ったローラちゃんと今日から復活した私の合計4人しかウエイトレスはいないらしい。ローラちゃんは、近所の大学生なのだが、とても日本オタクでおもしろい。日本のドラマやアニメをダウンロードしてよく見ているらしい。何せオタクという言葉まで使いこなし、もちろん秋葉原のことは知っているし、自分自身もコスプレするらしい。生粋の金髪アメリカ人なのだが、日本オタクのためか、何だか気配りや動きも日本人っぽい。着物もよく似合う。そして「すみません」を連発する。腰が低く、まるで日本人のようだ。今日の一番のヒットは彼女と知り合ったことだろうか。

あー、それにしても久しぶりの肉体労働。何だかとても気持ちがいい。アメリカ生活って(車社会なので)、このほどよい疲労感がなかなか得られない。今日はぐっすり眠れそうだ。

あわせて読みたい

  1. 部屋が決定。

    2006年1月7日0:00

  2. お通夜。

    2005年8月2日0:00

  3. 暑すぎる日々。

    2006年7月24日0:00

  4. 桜を求めて。

    2006年4月18日0:00

  5. 少し落ち着く。

    2007年3月24日15:15

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!