絶対話せる!英会話

単語本ではなかった?!

この記事は1分で読めます

先日勉強すると発表したインスタントワードパワー。今日はSession11までたどり着いた。(全部でSessionは、38。)昨日ふと気が付いたことがある。実は私はあまりこの本から新しい単語を仕入れていないのだ。今まで知っていた単語やあやふやな理解だった単語を改めて、品詞分解して、再認識しているような気がしてきた。時々見たこともないような単語にも出くわすが、あくまでこの本は「その語源で、この組み合わせで、この単語ができている」という説明に重点が置かれている。

そして気が付いた。この本って、実は語源の理解のための本だったのかもしれない。単語をひたすら覚えるという類の本ではなかったらしい。なので気楽に「おぉー、この単語はそういう成り立ちをしていたのか!」なんて、楽しんでいる。ま、今のところほとんど知っている単語が多いので、あいまいだった理解の単語の語源を改めて知って、もう間違えないようにするための確認作業中、と言った感じである。でも、おもしろい。

昨日学んだことは
vert = turn ということ。
convert, pervert, revert, invert など。
そしてvertebrae。
= part of the axis on which they body turns。
あぁ、なるほど、と納得。

vertebraeって変なスペルだよな、と昔から思っていたのだが、これで少しすっきりした。

invertという単語を見たら、昨日は朝から通勤途中に「取り替えるならインバーター。ナショナルのインバーター。」と歌ってしまった。よっぽどinvertとあの歌が強力に結びついて、私の脳に刻まれているに違いない。私の今年の4月の日記にも、この歌は登場している。このブログを見ている皆さんはもちろんinvertの意味を知っていると思うのだが、一応念のために書いておくと、逆さまにする、ひっくり返すなんていう意味。

ほら、岸辺シローが歌いながら、何かをひっくり返しているイメージが湧いてきたでしょ?

あわせて読みたい

  1. 丸い太陽と丸い月。

    2005年8月19日0:00

  2. 数学って。

    2006年7月13日0:00

  3. 残暑お見舞い。

    2005年8月16日0:00

  4. 1年ぶりの日本。

    2007年4月9日7:00

  5. self-discipline 。

    2005年9月12日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!