絶対話せる!英会話

たまにはこんな日も。

この記事は2分で読めます

先日金曜日の歴史の授業の後、「ね、GEOGも取っているでしょう。私もあのクラス取っているのよ。」とクラスメートに話しかけた。「いつも録音しているからそのレコーダーに見覚えがあるのよ。」と言ったら、笑っていた。

今日の授業、彼女がいないなと思ったら(私も彼女も講堂の一番前に座っている)、レコーダーだけ置きに来て外へ出て行った。彼女は子供を抱えていた。あぁ、彼女はお母さんだったんだ。彼女が若くないことは見て分かっていたが、子供がいるとは想像していなかった。しかもまだ小さい子供で子育てが大変そうな頃。彼女を見て、お母さんが頑張っているのだから、私が忙しいなんて言っている場合じゃないな、と少し反省した。

授業が終わっても彼女はレコーダーを取りに来なかった。誰もいなくなってしまったので、このままだと無くなってしまうかも、と思い、それを持って外へ出た。入り口で彼女を10分ほど待っていたが、現れない。どうしよう…と思っていたところ、彼女を発見。「はい、これ。」と渡した。

そこから少し話を始めた。私は彼女はヨーロッパの人だと思っていたのだが(英語がどことなくフランス語のような響きだったので)、南アフリカからの人だったらしい。しばらく話をしていて、私が日本人だと言ったら、「今ね、友達に会うから。彼女も日本人なのよ。紹介するわね。」と言われた。そうして出会った日本人女性。若い人ではなかった。そうして何となく3人の若くない学生でしばらく会話をした。あぁ、何となく落ち着く。

別に会話の内容は普段のクラスメートと話している内容と別に変わりはない。ただ同世代の人と会話をすると、何となく安心できるのだ。単に気分的な問題だけかもしれないが。今度お昼を一緒に食べようね、と行って別れた。

そして夜の授業の後、ふと知り合いの方に声をかけられた。お会いしたのはまだ数回だが、ここでも何となく話が弾み、50分ほど話した。

そして帰宅後、携帯に電話が入っているのに気がついた。前のコミカレで一緒だった、近所の大学に通っている男の子からだった。電話をかけ、一時間ほど話をした。

今日は一昨日に引き続き(送別会)久しぶりにこんなに人と話した。先週はあんなにストレスが溜まっていたのに、今はどこかへ行ってしまった。やっぱり人と接しないとね、とつくづく感じていたところに、今日は人とたくさん話す機会があった。

私はいつもこういう幸運に助けられる。ラッキーな人だ。

あわせて読みたい

  1. Stoning。

    2010年9月9日12:19

  2. 基本は食事。

    2005年10月8日0:00

  3. Nutcracker。

    2006年12月11日0:00

  4. 朝から海。

    2005年9月16日0:00

  5. ライブハウスで。

    2006年4月22日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!