絶対話せる!英会話

勉強はつながる。

この記事は1分で読めます

知っていることは、時々どこかでつながる。今日思ったのは、ビジネス英会話を聞いていたとき。それは「conspicuous consumption」という言葉を聞いたとき。日本語だと誇示的消費と言うらしい。(英語で覚えて、英語で理解してしまったので、日本語は知らなかった。)

去年の今頃、経済の授業を取っていたときに出てきた言葉だ。Thorstein Veblen の言葉らしい。はっきり言って、Veblenも含め、あのときに覚えた経済学者の主張はあまり思い出せない。「conspicuous consumption」が何を言うかの説明くらいならかろうじてできるくらいか。確かVeblenについてのエッセイ試験では満点をもらったはずなのだが…。しかーし今、何がどうか説明してみなさいと聞かれたら、はっきり言って何も即答はできない。(情けない…。)

昨日「For beginners 資本論」と「世界一かんたんな経済学入門」を読み終わった。なぜこんな本を読んでいたかというと、折角勉強した(少しだが)経済理論の断片を忘れてしまうのは勿体ないと突然思ったのだ。そしてこのまま記憶の彼方へ消えていってしまう前に復習しておいた方がいいのではないか、と思ったのだった。

そして昨日は資本論の本(漫画のような簡易本)を読み終え、「まずい、細かいところはかなり思い出せない」と反省していたところだった。そして今日「Consupicuous Consumption」なんて言葉が出てきて、去年の授業を更に思い出させてくれた。

人にとってはつながらないことも、自分の中では時々偶然が重なって、勉強しなくてはいけない気にさせられる。
復習しておきなさいってことか。

あわせて読みたい

  1. 痛む体。

    2008年11月25日7:06

  2. 野生の証明。

    2005年11月10日0:00

  3. 電子辞書

    2005年11月23日0:00

  4. ヤッターマン。

    2009年3月27日6:19

  5. NHKラジオ講座。

    2005年9月6日0:00

  6. 感覚の違い。

    2006年7月20日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!