絶対話せる!英会話

Podcasting

この記事は2分で読めます

今日はALC PodcastingのHPを見て、iTunesをダウンロードしてみた。まず適当にあちこちいじってみて、大体の動きを把握。そして最初はALC Podcasting にあった岩村圭南先生の講座をダウンロードした。これはとてもいい。何と言っても1分ないのがいい。余分な発言もなく、さっと練習してさっと終わる。集中力の続かない私には、理想的。

そして次はこのブログでも皆さんが利用されているCNNへ。このニュースも、やはり短くていい。3分ほどで終わるので、集中力が切れる前に終わってくれる。

今度はABCニュースへ。これは20分。家のPCの前で聞くだけの20分は、ちょっと私には無理そうだ。通勤電車の中でなら可能かもしれない。その後は英語のリスニング目的のものをいくつかダウンロードしてみたが、いまひとつだった。なぜなら、話すスピードが異常に遅かったのだ。私が聞いていてもイライラするくらいのスピードの英語だったので、教材としていいとは思えなかった。

他にもいろいろと探してみたかったのだが、あまりいろいろと探し続けていても時間ばかりかかるので、とりあえず岩村圭南先生とCNNだけ登録した。

私は「英語を聞こう」とか、「これをしなきゃ」と思っても、その最初の作業が面倒になっていつも続かなくなってしまう。その作業というのは、TVのスイッチをつける、CDの電源を入れるとかいうことにすぎないのだが、何だか面倒になってしまうのである。しかし、今回iTunesだったら大丈夫かもと思った。なぜなら私はPCだけは何があってもつける、そして理由が何であれ、1時間は家のPCの前に座っている。これなら何かをしながらでも、さっとiTunesで英語を聞くことができると思ったのだ。

私はこれをダウンロードして、外に持ち出すことはしないと思うが(何せ耳が弱い)、しばらくは目新しさでいろいろやってみると思う。それにしても何て素晴らしい世の中になったのだろう、とつくづく思う。私が若い頃は英語の番組なんてNHKくらいだったし、英語をTVで見れることなんてほとんどなかった。ラジオだってFENがあったくらい。洋楽の番組だってベストヒットUSAとポッパーズMTV、そしてSony MTVくらいだった。夜遅くまで起きていたり、ビデオにでも取らない限り、英語に触れることなんて難しかった。それが今はどこにいても英語が聞ける。

昔は聞きたくても聞けなかったものが一瞬で手に入る。本当ならこのありがたい環境に感謝して、いろいろと無駄にしないようにしなければならないのだが、この環境が当たり前になってしまうと、途端にありがたみがなくなってしまう。うーん、今のこの環境で、あの頃のハングリーな気持ちが欲しい。

あわせて読みたい

  1. 少し落ち着く。

    2007年3月24日15:15

  2. 無事に帰国。

    2008年12月14日22:01

  3. 仕事してください。

    2006年8月31日0:00

  4. Classic Rock。

    2008年4月27日11:49

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!