絶対話せる!英会話

美空ひばりと両親の思い出。

この記事は2分で読めます

今日は母が美空ひばりの追悼番組を見ていた。戦後、間もなくの貧しかった日本では、美空ひばりを心の支えにしていた人はたくさんいたようだ。今は贅沢だよね、というところから、両親の話は始まった。

父が小学校のときは皆下駄を履き、体育のときは皆裸足だったそうだ。父も母も小さい頃はつぎあてのある服を着ていたらしい。母は小さい頃そのつぎあてをからかわれたこともあったらしい。娯楽も多くはなく、TVはご近所のお大臣さま(=お金持ちの家)に見せてもらいに行っていたそうだ。母は美空ひばりの歌が覚えたくても、レコードは買えない、TVはなかった。あるのはラジオのみ。

昔は大学どころか、高校に行きたくても行けない人がたくさんいたらしい。父だって奨学金で大学に行った人だ。かなり長いこと奨学金は返していたと母から聞いたことがある。

父曰く、昔は(昭和40年頃)海外出張となると、部全体で羽田まで見送りに行ったそうだ。そんなに遠い昔ではない話だ。そして私が知っている昭和50年代だって今よりはるかに生活レベルは低かった。私はサラリーマンの娘なので、平均的な家庭で育ったと思う。それでもクラスに数人はいつも同じ服を着ているような子や、鼻ッたれた子供などがいた。外食だって月に1度あるかないかだったような気がする。

中学、高校と進むにつれ、自分の身の回りで便利なものが急に増えた。バイトをすれば、好きなものも自分で買えるようになってきた。生活レベルは急速に向上し、何年生のときにエアコンが、何年生のときにビデオが、ということはとてもよく覚えている。便利なものが回りに増え、外食も増え、気が付いたら、それが当たり前の生活になっていた。そしてその後はバブルな時代へ突入。

こうして考えてみると、私は本当に貧しかったことを知らない。そして一度便利さや贅沢さに慣れてしまうと、元には戻れない。元に戻る必要もないのだが、時には昔のことを振り返ってみて、どんなに今が贅沢で恵まれた環境で生きているか、感謝してみないと何だか罰が当たりそうで恐い。

今は本当に便利だ。世界中の情報があっという間に手に入る。小さかった頃は、外国のレコードを買うのだって大変だった。輸入版(英語のレコード)は歌詞カードがなかったから、耳から拾えた部分だけを適当に歌っていた。日本版を買ったときは、全部の歌の歌詞を丸暗記するほど聞いた。これは時々今でも役に立つ。ときどき前置詞が分からなくなったときに、歌を口ずさむと分かるのだ。

段々と身の回りに便利なものが増えた頃から、一つの物を大事にすることがなくなってきたような気がする。またいつでも手に入ることが分かるので、一つのものに執着しなくなってきた。一枚のレコード(CD)を聞き込むこともなくなった。

私でさえも、自分自身を通して時代の変化を感じるのだから、私の両親にとってはなおさらだろう。たまにこういう両親の話を聞くと、自分の今の環境のありがたさが身に沁みる。私は今の時代、日本に生まれて、本当に幸運だったと思う。たまにはこの幸運に感謝しないと、本当に罰が当たりそうだ。

あわせて読みたい

  1. 憧れと尊敬。

    2011年6月25日14:01

  2. 事実って…。

    2005年8月13日0:00

  3. 先日、空港で。

    2010年10月19日12:23

  4. 今現在675人だそうです。

    2012年6月27日10:18

  5. CNNで。

    2005年11月3日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!