絶対話せる!英会話

巻き舌の予感。

この記事は1分で読めます

ふふ、ついに初めて私の舌が“本物の巻き舌らしい音”を出した。今までの息を強く出せば、それらしく聞こえたのとはちょっと違った感じ。「おぉっ、ついに来たか。」と思ったのだが、意識したらまたできなくなってしまった。

しかーし、今日の音と舌の感覚は明らかに未だかつてなかった。特に巻き舌のみの練習はしていないのだが、先生の「そのうちできるようになりますから。」と言うのは本当だったらしい。ひゃっほーい。(これって多分できる人から見ると、とてもアホらしいことかもしれないけれど。)

思い返せば今年の早春。何を血迷ったか、勉強の合間に巻き舌の練習をしていた。勉強とルームメイトとの闘いからの逃げだったのか。そのときも「あ、できそう」と思ったのだが、結局すぐに止めてしまった。練習自体に何の意味もなかったので、止めて当たり前である。

しかし今回は、スペイン語学習のため。きちんと目的はある。時々ラジオ講座でものすごい巻き舌の発音が出てくるのだ。そうすると、「うっ…、私もこういう発音してみたい。」と思う。そして時々思い出したように練習。今日練習していたのは、先週木曜日のラジオ講座から「Recibo un mensaje.」という一文だった。

まだできるときとできないときが不安定だが、今は“巻き舌習得への道、第二歩”といったところだろうか。
ま、何にせよ、初めての巻き舌の予感。実はかなり嬉しかったりする。

あわせて読みたい

  1. Moob。

    2009年2月20日17:06

  2. 予防接種。

    2006年4月4日0:00

  3. 知らなかったなぁ。

    2005年12月11日0:00

  4. 大分昔の事件。

    2008年2月25日10:33

  5. 私の場所は…。

    2005年12月3日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!