絶対話せる!英会話

痛む体。

この記事は2分で読めます

昨晩、右腕の肘から下に我慢できない痛みが走り、目を覚ました。つってはいなかったと思うのだが、とにかく腕の中からじわじわ来る痛みだった。この感覚は手術後のあのどこから来たのか分からない重い痛みと似ていた。なので眠りながら、15年ほど前に受けた手術のことを思い出していた。

昨日はChina Townへ行ったのだが、車を降りた途端、運転中に動かしていなかった左足が急に痛み、しばらく足が動かせなかった。歩くと転びそうだったのだ。うーん、アメリカ生活による私の運動不足も相当危険レベルにまで達しているのかもしれない。それとも何か他の理由だろうか?とにかく日ごろからもっと歩かないとまずい。

腕の痛みは一気に仕事をしたせいである。しばらくサボっていた翻訳兼データ入力の仕事に対して、教授から様子伺いのメールが届いたので、木曜日、金曜日とそれぞれ10時間以上仕事をしたのだった。ファイナル試験がなぜかWeek10(つまり来週)に二つもあるこの時期に二日間の時間のロスは痛かったが、サボっていた自分が悪いので仕方がない。しかしその集中キーボード入力作業により、今はかなり腱鞘炎が悪化してしまった。日本に帰ったら、マッサージに行こう。

Week10(来週)にファイナルが二日続けてあるのが、今はかなり心配。(通常はFinal WeekにFinal examsはある。)1教科はどうにかほぼ遅れずについていっているのだが、もう1科目がとても遅れている。しかも範囲が何百ページにも渡るので、何をどうやって勉強したらいいのか今ひとつ分からず(Midterm試験がなかったので試験の様子が全く分からない)、友人と二人で途方に暮れている。そのため先週はこの膨大なページ数を二人で手分けすることにしたのだが、とても終えられる量ではないので、先にレクチャーノートから手を付け、それで余裕があったら、そちらも勉強しようということになった。

それにしてもずっと机に向かったままなので(ウェイトレスの仕事をしているとき以外)、腰が痛い。手も未だにかなり痛むし、先週はずっと続く頭痛と咳にも苦しめられた。とにかく今の私は体のあちこちが痛い。不健康な生活で今の私の体はボロボロになりつつある。しかし試験はあと16日で終わるし、もう少しの我慢だから、と自分に言い聞かせている。それにあと20日すれば日本へ帰れるのだ。
あぁ、早く日本に帰ってお風呂に入りたい。確かにもう少しの我慢だ。

あわせて読みたい

  1. キャッチボール。

    2008年2月27日14:11

  2. Stoning。

    2010年9月9日12:19

  3. 飛行機で知り合った人。

    2009年10月6日1:22

  4. 驚いたこと。

    2008年12月23日8:41

  5. 泣かせていただきました。

    2008年7月25日14:18

  6. DVDが見れない…。

    2005年8月9日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!