絶対話せる!英会話

「F」って、一体?

この記事は2分で読めます

なんとSPA1のクイズで「F」を取ってしまった。(今日返却された。)それは教授がChapter6のクイズの代わりに行った「単語の書き取り+アクセントがどこにあるか+ルールに従うと通常はどこを強く発音するのか」のクイズだった。単語を10語教授が読み上げ、それを私たちが書き取るというもの。たった10問なのだが、5点ってどういうこと?私は教授が言った指示に従っていなかったらしい。なので思いっきり減点。それにしても今までのクイズは85~98%だったのに、この10問のせいで一気に平均が下げられた。それはそうだろう、何せ50%だったのだから。

Fなんて、取れるものなのか。未体験ゾーンへの突入に我ながらびっくりである。しかもこのたった10問が通常のクイズと同じ扱いになるのが、何だか納得がいかない。よほど普段のクイズの方がよかった。どうも教授は皆が楽できるように、クイズの変更をしたらしいのだが…。

ということで2週間欠席した分もあるし、私の今の成績は「A」と「B」の境界あたり。5月はじめの時点で91.8%の成績と言われていたので、これより下がったのは間違いがない。ということでファイナルは恐らく94点くらい取らないと「A」は難しい、という状況になってしまった。しかしねぇ。100問もあるらしいので、どっかでケアレスミスをしそうだ。私の過去のクイズの間違いは、ほとんどケアレスミスである。そして宿題でも同じ。指示に従っていなかったという理由で英作文が全部採点してもらえなかったりしている。そそっかしいのと文章の読解力がないのか。

とりあえずファイナルは来週の水曜日に受けることにしたので、それまでは真剣に勉強することにしよう。何せ今までのクイズはほとんど全部前日に詰め込んでいただけだったので、宿題以外は前もって勉強した覚えがない。単語に至っては、テスト当日の通学途中、運転しながら覚えていた。たまには真剣に勉強しよう。何せこのクラス、5単位あるのだ。「B」を取るとGPAにかなり響く。あーあ。

ついでに他のクラスの状況はと言うと。

音楽はファイナルで68点以上を取れば、「A」。数時間の勉強だけでもいつも90点は取れるので、このクラスはまず問題はないだろう。

SOC1は、今のところ失ったポイントはあまりない。こちらはあとエッセイ1つ、クイズ1つ、ファイナル。オープンテキストなので、楽勝。

HUM10(World Religions)。今日、日本滞在のため受け損なったクイズを受けたいと言ったところ、「もう受けなくていいよ。」と言われてしまった。「先週受けていいって言ってましたよね?」と確認したところ、「クイズをいくつ受け損なったとしても、もう「A」だから大丈夫だよ。」「よくやったよ、君たち。」と隣にいたインド人と私に向かって彼は言った。ということで、「A」らしい。このクラスでは毎週クイズだったのだが、全体の成績では10%しか占めないことになっている。確かにそれ以外は私はほぼパーフェクトに近い。

気がついたら、いつの間にか明後日で授業は終わりだった。学期の途中で3週間日本へ帰国していたせいもあるが、何だか全然勉強をした気がしない学期だった。というより皆全部前日の勉強だけで乗り切ってきてしまった。これを要領がよくなったと喜ぶべきか、単に怠けていたと反省するべきか。恐らく両方だな。

今は水曜日の真夜中。来週の水曜日のファイナルまであと6日ある。たまには真剣に前もってスペイン語勉強しよう。普段からそそっかしいからこういうことになるんだな。あーあ、それにしても「F」って、なかなか取れるものではないぞ。いい記念だと思っておこう。

あわせて読みたい

  1. オリンピック見たい。

    2008年8月14日11:33

  2. 時間の使い方。

    2006年9月14日0:00

  3. なぜにジョージ?

    2008年9月26日16:08

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!