絶対話せる!英会話

時差はないはずなのに。

この記事は2分で読めます

今日は久しぶりに以前ルームメイトだった友人と会った。彼女の去年生まれた赤ちゃんはすくすくと成長しており、8ヶ月になっていた。友人は子供の世話に追われており、フィギュアスケートのショートプログラムは見損なったとのこと。「韓国人なのに韓国のトップアスリートを見逃すなんて。彼女は本当にすごいスケーターだから絶対に見るべき。」と私に言われ、昨晩は頑張って起きていてフリーを見たらしい。

しかし彼女は怒っていた。「何で時差がない地域にいるのに、あんな真夜中に見ないとならないわけ?しかもほんの少しの放送時間だけNBCふざけていない?」と。(スケートは上位の6選手と、ところどころ他の競技の間に細切れで放送された数人の選手だけ。鈴木選手は放送されなかった。)

これには私も全く同感。しかもNBCはケーブルもあるので、2チャンネルあるはずだが、オリンピックと関係のない放送をしていた。放映権を独占しているのだったら、もう少しきちんと放送してほしいものである。彼女は続けた。「韓国だったら、3チャンネルくらい同時でライブで違う競技を放送しているよ。だからいつもチャンネルを変えながらオリンピックを見るのに。」と。確かにフィギュアスケートは少ししか放送されなかった。表彰式も含めて多分1時間半くらいだったような。

今Wikipediaで見てみたところ、不満に思っているのは私たちだけではないらしい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Olympics_on_NBC のcriticismにも書かれている。

今回のオリンピックに対して、NBCは放映権を獲得するのにoverbidしすぎてしまい、赤字になりそうというのは少し前から聞いていたが、今調べてみたら、その金額は何と$200ミリオンにもなるとか。http://www.nytimes.com/2010/01/20/sports/olympics/20sandomir.html
しかもこれがオリンピック放送において赤字を出す最初のTV局になるらしい。ま、やる気がなくなるのは分かるし、国内に時差があるのも理解するが、もう少し放送時間を増やしてくれてももいいのに、と思う。何せそこでしか見られないわけなのだから。今はネットのおかげでどんどん結果は分かってしまうし、ライブで見られないと面白みが半減してしまう。

日本でロケフリでも設定してくればよかった。こういうことがあると、やっぱり購入すべきだったかな、と思ってしまう。

あわせて読みたい

  1. うーむ。

    2006年4月20日0:00

  2. LAへ。

    2007年6月11日17:05

  3. しばしの別れを。

    2006年1月15日0:00

  4. いらいら。

    2005年8月30日0:00

  5. 昨日と今日の雑録。

    2006年9月19日0:00

  6. かぶと虫。

    2005年8月15日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!