絶対話せる!英会話

手続き終了。ひとまず安心。

この記事は2分で読めます

今、何気なくメールチェックをしていたら、来セメスターには戻ることにしているカレッジから、Congratulations!とメールが届いていた。10月22日に送った願書一式(願書と残高証明書だけだが)は無事に受理&手続きがされたようだ。今週中には、新しいI-20を送付すると書かれていた。

ひとまず安心。早くI-20を受け取らないと、ビザのこともアメリカ大使館に聞けない。学校側は、私はreturning studentなので、ビザを更新する必要がないと言うのだが、何せビザ関連の話はいつもコロコロ変わるので、最終的には自分で直接確認したほうがよさそうだ。

何でもI-20 を受け取ったら、今度はSEVIS fee と言うのを「US.Immigration and Customs Enforcement」というところへ払わなければならないらしい。$100だ。確かここは去年私が奨学金を申し込むときに、証明No.を発行してくれなかった組織だ。そのNo.がないと、申し込める奨学金が極端に少なくなるのだ。しかし私はSocial Security Numberがなかったので、その番号はもらえなかった。サービスはしてくれないのに、お金は取るのね、と言った感じ。

戻れるとなると、今度はまたアパートを探さないといけない。一人で住みたいのはやまやまだが、そんな余裕はないのが悲しいところ。しかし今度はルームメイトに希望することがある。それはアジア人がいいということ。今までに何人もルームメイトはいたが、アジア人同士でイヤな思いをしたことはとりあえずない。(ま、これももちろん人によるので、確率の問題ではある。)アジア人同士だと習慣も似ているので、何となく気分的にもラクなのだ。

アジア人がダメなら、元々知り合いだった人がいい。(あ、これでも一回失敗したな。しかし去年の場合は“ルームメイトが突然結婚を決めてしまった”というあんまり普段はあり得ない状況だったわけで。)とにかく元々知り合いでないアメリカ人は避けたい!心穏やかに過ごしたいときに、彼らは疲れるのだ。もちろんいい人はとことんいい人なのは言うまでもないし、これもまた確率の問題であるに過ぎないのだが、去年からかなり懲りているのでね。

アパートシェアではなく、あるいはどこかのお宅の一部屋を間借りするのもいいかもしれない。
何にせよ、これだけは面倒な作業だな。何せ日本にいるうちから探し始めなければいけないので、友人総動員だな…。

メールが届いたとは言え、まだI-20 も届いていないので、今できることはほとんどない。が、もちろんやっておいた方がいいことはある。それは何と言っても勉強である。それとできる限り英語を聞いておくことか。

今日もなぜか頭の中が真っ白で調子はよくないのだが、とりあえずTVくらいは見るかな。10時からは私の好きな「That 70s Show」も始まるし。

とりあえず一つ先が見えて一安心。
さ、先の行動を頭に入れて、今の行動をしないとね。

あわせて読みたい

  1. 人生始まって以来か…?

    2007年1月15日0:00

  2. Financial Aid。

    2007年4月2日1:27

  3. それでも書類、面倒。

    2005年11月19日0:00

  4. 専売特許のくせに。

    2005年11月14日0:00

  5. ぎゃー、数学が…。

    2006年5月24日0:00

  6. やっと全部揃った。

    2005年12月5日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!