絶対話せる!英会話

そろそろ準備しないと。

この記事は1分で読めます

明日は学校でトランスファーフェアが行われる。いろいろな大学の担当者が直接やってくるイベントなので、明日質問したいことは今のうちに書き出しておかないと。

さて、夏に下見に行った大学での資料を見直していたところ、新たな事実に気付く。私の第一志望の学部の合格率、8%。おーい、1割にも満たないのー?これって12.5倍の倍率。ちなみに第二志望の学部は22%。(最終的にはどちらか一つにしか志願できないが。)今のところ、成績は1科目Bを取っただけなので、どうにか合格ラインは超えているが、成績だけでアメリカの大学の合否が決まるわけではない。

そして第二希望大学の第一志望学部へは、数学のRequirementがどうしても一科目足りない。明日この件では担当者に質問してみるつもりだ。

そして第三志望の私立大学。こちらは今年からTOEFL scoreを提出が必須ではないが、要求されているらしい。母国語が英語でない人は受けることが勧められているようだ。しかも希望スコアは600点。昔のペーパーならどうにかなったかもしれないが(これから勉強すればだが。)、今のTOEFLはリスニング、スピーキングが入り、とても難しくなったと聞く。今から試験対策をするには、遅すぎる。必須ではないということなので、これも明日また担当者に確認をしないといけない。

はっきり言って、これではやばい。確実に入れる大学が全くないではないか。少しでも条件をよくするために、今学期は何が何でもストレートAでないといけない。現在の私のUCへのトランスファー科目のGPAは3.9250。今学期トランスファーできる単位は14単位。全部Aを取っても、ゲットできるのは、56ポイント、そしてGPAは、3.9444になる。12.5倍を乗り越えるには、何が何でも全科目Aを取らないと。あー、仕事がなければ絶対にAを取る自信はあるのだが。何せ今は時間が足りない。

ふー、1科目Bを取ってしまっただけなのに、4.0から3.9250.この差は大きい。今更ながらとても悔やまれる…。仕方ない。これからできる全てのことを精一杯していくしかないな。

さ、リーディング。リーディング。

あわせて読みたい

  1. それでも書類、面倒。

    2005年11月19日0:00

  2. やっと全部揃った。

    2005年12月5日0:00

  3. 少しずつ渡米準備。

    2005年12月30日0:00

  4. 学校情報いろいろ。

    2007年11月13日2:43

  5. 授業登録ができなーい。

    2006年1月12日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!