絶対話せる!英会話

学生らしい一日の報告。

この記事は3分で読めます

今朝も6:50に登校。昨晩2時頃までエッセイを推敲していたので、少し寝不足気味。

今日の英語の授業は、次回のエッセイのインストラクション。そしてグループディスカッション。今度のエッセイは映画を選び、それについて敢えて違った見方(新しい見方)を提案するというもの。授業中、西部劇とマトリックスのShootingの場面を見せられて、教授は私達に尋ねた。「ね、Shooting。やっていることは変わらないでしょう?なんでこれは西部劇で、マトリックスはサイエンスフィクションになるの?ひょっとしたら、マトリックスも西部劇の要素があるかもしれないでしょ。考えてみて。」

その後は、どんなジャンルの映画があるか書き出し、どうしてそのジャンルに分けられているのか、そしてそのジャンルでいい映画となるためにはどんな要素が必要かについて、ディスカッションとなった。インストラクションシートだけを読むと今ひとつピンと来ないが、こうやって説明されると非常にわかりやすい。アメリカの授業は、勉強の初心者を対象に教えることに重点を置いているのかもしれないが、こういう風に納得させて考えさせることにはとても長けている。

さて、映画、うーん。あんまり映画観ないんだよなー。好きなのだが、あまり観る方ではない。ついでに言うと、TVもあまり見ない。何となく受け身で何かをすることが、あまり好きではないのかもしれない。何にせよ、全然思いつく映画がないので、これから探さなければならない。何について書くかはとても大事で、書きたくないことで、エッセイ5ページは埋まらない。
どなたかお勧めの映画があったら、教えてください。二面性を持った映画、うーん…。

その後、ヘルスセンターへ行き、検査結果の報告。なぜかドクターと宗教についての会話が弾む。私がふった話題ではない。

そしてカフェテリアへ。ここで大学生になり8ヶ月経つが、この学食を利用するのは今日で2回目である。65セントで卵、50セントでソーセージを食べる。この卵どうでもいいが、65セントの価値もない。

次は図書館へ。12時半まで明日のテスト勉強をする。いつもは朝の9時か10時に学校を去ってしまうので、ほとんど昼間学校にいることはない。昼間構内をうろうろしていると、とても学生気分に浸れる。こういうのも悪くない。

そして本日のメインイベント、クラブ活動に参加。このために学校に残っていたのだ。今日はいつものInternational Clubとは違う。ポリティカルサイエンスの授業で、何らかの社会的、政治的活動に参加し(市議会、ラリー、調査、講演何でもいい)それについてレポートを1ヵ月後に提出しなければならないのだ。どうせなら興味のあることに参加しようと思い、教授に「女性の人権」や「保護活動」をしているイベントやグループはあるかどうか聞いたところ、このクラブを紹介されたのだ。

女の人が多い。男の人は怪しい人が多い。(完全なオカマさんとか。)人数は15人弱か。私は途中から少人数のプロジェクトに加わり、議論に参加した。しかしInternational Clubと違って、アメリカ人同士の会話は超早っ。しかもなぜか早口の人が多い。聞き取れても、理解の処理スピードが追いつかない場面がかなりあった…。とりあえず自己紹介をし、ミーティングに来た理由や、そしてミーティングにはあまり参加できないが(仕事時間と重なるため)今後は何かできることがあれば手伝うことを伝えた。

レポートのためだけなら、特に今後参加する必要はないのだが、こういう何かに働きかける活動は今までしたことがないのと、そして女性(というかマイノリティ)を手助けする活動を今後していきたいと考えていたので、いい機会だと思い参加することにした。

そうそう今日提出したエッセイのテーマは自分が属するグループについて。(どんなグループでもOK.)私は日本でのマイノリティな存在の自分について書いた。書きたいことがたくさんあリ、5ページに削るのに苦労した。最後は文字の大きさを小さくし、どうにか5ページに収めた。エッセイのテーマと内容、コミュニティ活動への参加義務、偶然私の中で重なった二つの授業の二つのアサインメント。これは何か行動をせよという天の啓示かもしれん、と思い、今後も参加することにしたのである。(ますます忙しくなることは必至である。大丈夫か、私?)

「駐車場のライトの増加要請」「チャリティのための募金集めの方法」などについて話し合った。私も常々、「学校の夜の駐車場はこんなに暗くて、しかも誰もいなくていいのだろうか?」と夜の授業の後考えていた。最初は「危険じゃないのかな?」と思っていたのだが、いつの間にか慣れて狭い通路も暗い駐車場(屋外)も全く気にしなくなっていた。しかし授業の後、教授と少し話をして教室を出ると、自分の車にたどり着くまでは誰にも会わないことが多い。その気になれば、簡単に人を誘拐できるに違いない。何せ誰もいないのだから。

2週間後の次回ミーティングまでに各自考えをまとめていくことになった。前述したが、こういう活動は全くしたことがないので、何だか新鮮だ。

そんなこんなで今日は朝6:50から2時近くまで7時間ほど学校で過ごした。とても学生らしい気分になった。さ、学生の本業は勉強である。明日と明後日はテストが控えている。勉強しなきゃ。

あわせて読みたい

  1. 私の読解力。難あり…。

    2005年8月10日0:00

  2. 明日はMidterm試験が2つ。

    2008年10月29日15:07

  3. あれからもう1年。

    2008年7月4日14:41

  4. 課題提出。

    2005年7月7日0:00

  5. たまには休講も…。

    2005年3月10日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!