絶対話せる!英会話

やったー、奨学金!

この記事は1分で読めます

ふふふ、今はちょっと気分がいい。先ほど勉強に飽きたので、郵便物をチェックしにポストへ行ったところ、薄っぺらい封筒が一枚。「Important Document Enclosed」と書かれていた。「何々?学校から?」どきどきしながら、点線を折り曲げて切る。開けた瞬間、小切手だと分かった。やったー!それは奨学金。

金額はとてもかわいらしい数字で$225。しかしないよりまし!タダでいただけるものは、涙が出るほどありがたい!数いる応募者の中からエッセイと推薦状だけで私を選んでいただけたということは、まじめにやっていた証である。(自分で言わせてもらうが。)この奨学金は前にも書いたが、カレッジに入って最初のセメスターに応募したため、その時点での成績はなかった。なので上記の2点だけでの評価である。ふふ、嬉しいな。

先学期成績証明がなかったので(アメリカにいなかったので)奨学金を取り消すと手紙が届いたのだが、appealする手紙を受け付けると書かれていたので証拠書類とその他書類を集め、手紙を書いた。私がアメリカでフルタイム学生として授業を受けれなかった理由については、グリーンカードの抽選に当たったので、書類を集めるため日本に帰っていたと書いた。2週間ほど前に学校のFinancial Centerで確認したところ、学校での承認は降りたので、そのことを伝える手紙を奨学金を出してくれる団体へ出したと教えられていた。なのでそろそろ何かしらの知らせが届くではないかと思っていた。

さきほども書いたが何が嬉しいって、私を選んでくれたことである。もちろん教授の推薦状のおかげもあるが、自分では自分が書いたエッセイの力でしょ、と信じている。(最近とても図々しい。)

小額ですが、助かるわー。
嬉しかったのでビールを開けてしまった。しかしあと5時間半以内にテキストを8ページほど読んでエッセイを書かないといけないので、いつまでも浮かれてはいられない。ほろ酔い気分でいい気分。さっさとテキスト読んで終わらそう。

あわせて読みたい

  1. 視覚ってやっぱり大事。

    2008年3月20日13:21

  2. So far, so good.

    2007年11月4日5:41

  3. 大失敗。

    2008年6月4日14:18

  4. ファイナル週間突入。

    2006年6月4日0:00

  5. 試験と来週の宿題。

    2004年10月1日0:00

  6. 気に入らない試験。

    2008年6月6日12:21

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!