絶対話せる!英会話

2日目。

この記事は2分で読めます

今日は朝7:00から授業。6:50に学校に着いたのに、駐車場へ入るのにまたまた時間がかかった。

朝一番の授業はBUS-10。Introduction to Business。昨日お風呂に浸かりながら、テキストのChapter1を読み終えた。簡単だった。こんな当たり前のこと書かなくってもいいのではないか、と思ったのだが、仕事をしたことのない学生にはちょうどいいのかもしれない。

このクラスのグレードの5分の1を占めるグループワークにPodcastingと書かれていた。えっ?まさか、声を録音して発信する?イヤだな、と思っていたら、どうやらそのようだ。教授曰く、「自分が人に教えるのが、物事を習得する一番の道だ。」とのこと。確かにそうかもしれないが…。自分の声、キライなのよねぇ…。教授は友人のお勧めどおり、テンションの高いおもしろい人だった。

授業の後、3時間も時間が空く。Writing CenterでENG-1Bのシラバスをじっくり読む。「?」な部分があったので、教授に質問に行った。このクラス、宿題の量が半端でない。読む量もかなりある。

その後、MAT-36(Trigonometry)の授業へ。このクラスは可もなく不可もなく。

一度帰宅し、今度は隣町の校舎へ向かう。家からは20分ほどかかる。着いたところ、予想していた教授ではない男の先生がシラバスを説明していた。何でも教授は変更になったそうだ。そしてその変わった新しい教授も今ここにおらず、イタリアにいるらしい。来週にならないと帰国しないので、今週は授業は休みと聞かされる。おーい、初日からそんなんでいいのか。とりあえず教科書も(薄っぺらいくせに103ドルも!)購入したし、他の授業には今更変更できないので(この授業どうしても今学期中に終わらせたい)このクラスは例え教授が変わっても、そのまま取ることにしようと思う。このクラスには数人日本人もいた。比較的簡単と言われているクラスなので、まとまって受けているようだ。ただ教授が変わったことで、彼らがこのままここに残るかどうかは不明。

今日で全ての授業の感じが全てつかめる予定だったのに、最後のECO-8はちょっと拍子抜け。あらかじめ万全に準備をしておいても、必ずその通りにいかないのがアメリカ。先学期も突然授業がキャンセルされていたっけなー。今回はそういうことのないように、事前にチェックもしておいたのだが、教授の都合で授業が1週間遅れるというのは、予想できなかった。

一通り4人の教授(と代理教授)から授業の説明を聞き、シラバスに目を通した。今学期一番大変になりそうなのは、ENG-1Bだと思われる。1週間に2つずつ宿題がある。テキストを10-20ページ読み、指示通りのことをする。(まとめだったり、エッセイだったり。1ページ程度でいいのが救い。)これが週に2個ずつ。そしてそのほかにもエッセイの宿題、クイズなど。試験も4回。(全てインクラスエッセイを含む。)

数学の2科目は宿題が多そうだ。しかし順にこなしていけばどうにかなるだろう。

まだ最初の段階なので、どの科目にどの程度時間を費やせばいいのかが、全くペースが掴めないが、来週の後半には落ち着くのでないか、と思う。

さて、全ての授業のスケジュール(宿題締切日、クイズ、試験の日程)をカレンダーに書き出そう。これをまず仕上げるのが、私の学期の最初の仕事なのだ。

あわせて読みたい

  1. 選択問題は苦手。

    2008年5月2日10:03

  2. 感謝。

    2008年10月11日2:28

  3. オリエンテーション。

    2007年7月24日13:05

  4. クイズ3つ終了。

    2005年7月7日0:00

  5. 数学の授業。

    2006年6月20日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!