絶対話せる!英会話

UCLA。

この記事は1分で読めます

昨日、またUCLAまで行って来た。California Residenとして認めてもらえるようPetitionのための書類一式を持参したのだ。ついでにBruincardという(学生証のようなもの?)カード申請をし、Financial Aid Officeで話を聞いてきた。

今回で3度目の訪問だが昼間校舎をゆっくりと見たのは初めて。しかも一人でプラプラとしていたので、ちょっとした探検気分だった。学食、売店、XXホール、図書館などを適当に見て回った。売店がとても広くてびっくり。普通の洋服も売っている。学食はモールの食堂のようで、いろいろなチェーン店が入っていた。

歩いていて思ったのだが、アジア人がとても多い。全学生の何パーセントがアジア人なのかは知らないが、恐らく一番多い人種なのではないだろうかと思う。

昼間歩くと、学校がどれだけ美しいかがよく分かる。レンガ色で統一された建物があちこちに並ぶ。作りがモダンすぎず、シンプルすぎず、懲りすぎず、アカデミックで歴史を感じさせ、なおかつ堂々としたイメージを醸し出し、おまけに緑とよく調和している。しかも庭はヨーロッパの古城の庭のよう。あぁ、こんな素敵な環境で勉強できるなんて夢のようだ。いくら勉強するためだけの場とは言え、環境は気持ちに大きな影響を与える。ゆったりとした気持ちのいい場所なら、心もそれだけ落ち着くというもの。

さて夢の世界から現実へ一歩出てみると、渋滞(午後2時なのでラッシュアワーではない)が私を待っていた。普段1時間20分で帰って来られる道のりが昨日は3時間かかった。学校内では気分はいつも癒されそうだが、一歩外へ出るとそんな気分は吹っ飛びそうだ。さすがLA、交通渋滞は東京よりもひどいかもしれない。車でしか移動できないLAでは、時間を読むのは難しそうだ。

あわせて読みたい

  1. 試験が2つ返却された。

    2007年11月9日11:18

  2. 来学期のスケジュール。

    2007年1月21日0:00

  3. Final Examsによる疲労。

    2007年12月13日16:56

  4. 副専攻。

    2008年4月5日9:07

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!