絶対話せる!英会話

授業変更と卒業必要単位。

この記事は3分で読めます

6月のファイナル試験が終わって以来、長いこと勉強をしていないので段々と不安になってきつつある今日この頃。ネット環境が整ったので、学校に入る前に少しでも不安を取り除くため、そして知らないで損をすることがないように、昨日から片っ端から学校関係のウェブページを調べ始めた。

そうしてみたところ知らないページがかなりあり、そこにはいろいろな情報が書かれていることが分かった。News Page、教授の評価、教科書、健康保険、映画情報、学校のイベント等々のページがあった。まず教授の評価を見てみたところ、私が取る予定のANTH12の教授の評判がよくない。「そ、そんなぁ…。特に興味があるわけでもないクラスで評判がよくないとなると(しかも300人定員)最初の学期がつまらなくなりそう…。」なので急遽他の科目を探すことにした。今学期オファーされているクラスでまだ空きがあるもの、なおかつ教授の評判もよく、授業内容も私が興味を持てそうなものを探した。そして更に大事なのはファイナル試験が他の科目と重ならないこと。こうなると選択肢はそれほどない。

私はGeneral Education(GE)が終わっていないので、Life Science系の科目を2科目取らないとならない。(コミカレで終わらせておけば、あと1科目だったのだが。)Life Scienceは、Anthropology, Astronomy, Earth and Space Sciences, Ecology and Evolutionary Biology, Geography, Life Science, Linguistics, Microbiology/Immunology/Molecular Genetics, Molecular/Cell/Developmental Biology, Neuroscience, Physiological Science, Psychology, Staticsなどの科目から成る。私はこの分野でラボ付きの科目とラボなしの課目、それぞれ1科目ずつ取らないといけない。

これらの中で、私はラボ付きのGeography 2(Biodiversity in a Changing World)を取ってみることにした。なぜこの科目にしたかと言うと、教授がCoolそうな人だったから。(写真で拝見する限り、Good lookingな方です。)ま、もちろんそれが理由の全てではない。教授のWeb Pageを見てみると、アラスカからハワイ、アフリカまであちこちと研究に出かけている方のようで、そして学生の評判もなかなかよかったので(熱心に教えるとか、楽しい授業だとか書かれていたので)きっとご自分のお仕事が大好きな方なのではないかと思い、取ってみることにした。そしてBiogeography、Climate Change、Global Warming、Perfect Drought、Restoration Ecologyと大きくホームページに書かれていたことも理由の一つである。ま、いい授業かどうかは取ってみないと何とも言えないので、私のこの引き寄せられた直感が正しかったかどうかは、授業が始まった後にまた取り上げることにしよう。

ネットでチェックしたところ、Petitionが出来る状態になったようなので、明日は学校のカウンセリングオフィスへ行って来ようと思う。そのためにもう一度じっくりと資料を読んでみた。私がトランスファーできた単位数は105単位。(118単位持っていたのだが、トランスファーできる最高単位数は105。)卒業に必要な単位は、最低で180、最高で216。そしてその内、Upper Divisionから60単位を取らないといけない。私のメジャーでの必要クラスは13科目だけなので、単純に1科目4単位とすると、52単位にしかならない。なので恐らくもう2クラスUpperからの授業を取ることになるだろう。

そして私はメジャーへのPreparation科目が2科目終わっていない。これは8単位になる。しかしこれらはLower Divisionの科目である。そのほかGE全てを終わせるため、私の場合、最低3科目13単位から(恐らくPetition後、3 or 4科目必要)、最悪の場合は5科目(20単位以上)取らないとならない。単純に計算すると、卒業するのに必要な単位は、105+60+8+13(~20)=186(~193)単位になりそうだ。どちらにしろ180単位必要なのだから、こう考えてみるとGEが終わっていなかったということは、それほど卒業時期に影響を与えてはいないらしい。(私の場合、準備科目である第三外国語スペイン語の2クラス(10単位)が免除になったのが大きかった。)しかしGEを早く終わらせておけば、その分をもっとUpper Divisionの科目に回せたのにという見方もあるが、私は実はGEの勉強が好きだったりもするので、これはこれでいいと思っている。普段自分では絶対に学ばないことをプロに教えていただくのは、とてもありがたいと思っているのだ。それにUpperの科目がもっと取りたければ、それこそ216単位まで取れるのだから、卒業を延ばせばいいだろう。(しかし早く働きたいので、恐らくそれはしないとは思うが。)

一通り何の科目を取りたいか、計画を立ててみた。しかしこれが計画通りに行かないことはもちろん承知している。ただ“この科目が取れないときは、こっちにしよう”ということくらい決めておかないと、実際に授業登録のときに取りたい科目が取れなくなってしまう可能性がある。

さて、あと1ヶ月少しで授業が始まる。勉強に関しては、本当に何もしない夏休みだった。こんなにゆっくりしたのは久しぶりだ。それにしてもこのだらけきった生活からまたあの勉強の日々へ戻るのだから、少しはそろそろ気を引き締めていかないと。さ、明日は学校へ行って、アカデミックな気分を盛り上げてくる。

あわせて読みたい

  1. ラッキーなのだが。

    2007年8月30日16:27

  2. Tutorさん、ありがとう。

    2005年3月2日0:00

  3. うー、最後の山場。

    2007年5月29日2:23

  4. 明日は最後の試験。

    2008年12月9日16:15

  5. わはは。

    2009年7月31日15:12

  6. 最近の日課。

    2009年1月15日13:43

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!