絶対話せる!英会話

コミカレ。

この記事は1分で読めます

先週の試験が返却された。結果は100点だった。実際の得点は95点で、エクストラクレジット分が足されての100点なので、満点だったわけではないが、とりあえず100点は100点。素直に喜ぶ。

が、やはりコミカレの授業は、UCLA の授業と比較すると、教授たちの生徒への期待値がかなり低いような気がする。私はGEを終了しないでトランスファーしたため、いくつかの分野のintroductory classesもトランスファー後に取ったが、どのクラスもテストはそれなりにタフだった。今回のようにこんなに簡単な試験が出されたら(と言いつつ、私は満点ではなかったが)、UCLAでは恐らく100点を取る学生ばかりだと思う。しかし実はCal State Universityの授業でも、教授は同じテストを使っているらしいが。

最近、私は周りのクラスメートに問題の解き方を教えたりすることが増えてきた。(もちろん時には教えてもらうこともあるが。)提出前に宿題を見せてと言ってくるから、見せてあげると、彼らの答えは間違っていることが多いのだ。なので提出前には、私の宿題が私の席の周り5, 6人の間で回っている。

私なんてこの分野、中学生以来で20年以上ぶりの勉強なため、若いクラスメートたちの方が有利だろうとも思うが、日本で培った中学校までの基礎学力は、何十年経った今でも、コミカレに通う高校を終えた多くの学生よりも上な印象を受ける。もちろんあくまでコミカレに通う大多数の学生との比較で。最初から4年制大学へ進学したり、私立の学校へ通っている学生たちは、もっと成績優秀なことは言うまでもない。

授業を取り始めて最初はまた勉強をするのが心配だったのだが、日が経つにつれて、余裕が出てきた。私が今勉強しているのは、日本では高校で学ぶレベル。そしてクラスメートもUCLA のクラスメートとは違うし、教授たちの期待値も違うようだ。そう言えばコミカレのイントロレベルのクラスは、いつもこんな感じだった。そういうことを思い出して、今日は「あー、コミカレに戻ったんだな」といろいろと周りを観察して実感した。しかし働きながらだと、これくらいの勉強がちょうどいいとは思う。

あわせて読みたい

  1. 今日の勉強時間は60分。

    2005年4月3日0:00

  2. やっと最後のグレード。

    2006年6月22日0:00

  3. I got A ! (^-^)

    2004年11月4日0:00

  4. 何にしよう?

    2009年4月2日11:21

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!