絶対話せる!英会話

300. あなたが英語ユーザーになる方法。

この記事は4分で読めます

今日は記念すべきアプリ300回目の記事。
よく300日も一日も欠かさず
記事を書いたものです。^^

さて今日はまた質問に答えてみようと思います。

 

それは音読について。

「話せるようになるためには、「音読」は欠かせません!」と、
私は、もうしつこいくらい、いつも言っていますね。^^

でも、それは本当なのです。

「ひたすら音読(映画のなりきり演技)をしていたら、
英語が使えるようになったと言う私の話」も、
このサイトの読者の方は、
既に聞き飽きたとは思いますが、
それでも質問が来るので、お応えします。^^;

 

私は先日、4/15の記事 (Vol.289) の中で、
「映画は効果があるものの、初心者さんには難しい。
だからNHK講座などで始めてみることをお勧め」と書きました。

 

音読で用意するのは、
英語の音声とスクリプト、これだけです。
ですから、手軽に手に入り、英語の学習者用に
作られているもの(つまりレベルが自分で選べる)、
それでNHK講座をオススメしたのでした。

 

そうしたところ、
「毎日1時間やると、前の日の分が復習できません」 とか、
「全部、覚えられません。」 とか、
「どこまでやったらいいのでしょうか?」
みたいなメールが、届くようになりました。

 

英文全部を覚えなくていいです。^^;
また毎日新しいことをやる必要もありません。
レベルにもよりますが、英会話のテキスト1年分なんて、
本一冊覚えるようなものですから。

 

私はずっとやっていたら、結果として
何となく覚えてしまっただけです。
そして別に完璧に全部を覚えようと思って
覚えたわけでもありません。
毎日聞いてなりきって演技していたら、覚えてしまったのです。^^

 

丸暗記してしまった表現が、私の会話の基礎力として、
役立ってくれていると書いたので、皆さん、
全部覚えないといけないと思われたようです。
あるいは必ず毎日 何時間やらないといけないとか。

(もちろん毎日できる限りやるのに越したことはないのですけれど。)

 

私がNHK講座や映画の丸暗記で得たものは、
「その英語を使う感覚」 です。

「なりきり音読(一人演技)」は、
日本語を通さずに、
「英語表現」 と 「自分の感情(感覚)」 を
結び付ける練習です。

 

その感覚を得るために練習してくださいね。
決して【音読をすること自体】を、目的にはしないでください。
つまり「ひたすらぶつぶつと暗記する」ということや

「何時間音読をする」ということが、

この練習の目的ではありません。

 

文法」を理解して、
意味」もわかって、なおかつ、

「その英語表現」と「感情」を結びつけるように

音読(一人演技)することです。

スピーキング力は、どれだけ日ごろから

「一人演技」、つまりあらかじめ練習しておくかに

かかっています

 

なので音読していて、感覚が掴めたら、
そこではじめて次に進んでいけばいいと思います。

逆に言うと、そこまでたどり着かないのなら、
次々に毎日新しいものを音読するよりも、
何度も同じものをやった方がいいです。1000回でも!

 

なぜかと言うと、これは私自身の体験から。

「NHK講座を何年か聞いていた経験」を
振り返ってみると、たとえ1年毎日聞いたとしても、
終わってみたら、使える英語表現が
一つも身についてなかったことも、よくありました。

 

確か最後まで聞いた講座(英会話)は、
3つほどあったと思うのですが、

3年聞いても、何も覚えていなかったわけです。^^;

 

で、たどり着いた結論は、
そうやって一年間 真面目に聞いても、
「使える英語力ってあまり身につかない」ということでした。

無駄ではなかったとは思いますが、
実感が全然湧きませんでした。

 

ところがですね、そういう講座も、その後
たまには役立つこともあったのです。

それは、
「なぜかたまたま気になって
そのまま覚えてしまった表現は、後でも使える」ということでした。

 

300.connect

 

 

◆ 大昔のラジオ講座で、
I can smell the sizzling beef already.
という文章がありました。これは確か焼肉かBBQへ
近づいて行くときに言ったセリフだったと思います。
何となく気になったのですね、この文章。
で、ぶつぶつ何回も何回も唱えてみました。

 

そうしたところ、

 

・「can」 を使うときのニュアンス、

・「smell」の使い方(「smell」の後ろには、
 「匂いをかがれるもの」が来るという文の構造)、

・「sizzle」という音、

・「sizzling = 現在分詞」の使い方、

・「already」の使い方(副詞の位置)

 

これら全部の感覚が、まとめて身につけてしまいました。

 

私の頭の中で「匂いがするよ。」という感覚と、
I can smell 〇〇.」 は、
完全に一体化してしまったのです

そうすると、もう日本語は要らなくなるのですね。

これが英語を英語のまま受け入れるということです。

 

そして、文法知識も多少はあったので、
「I can smell 〇〇.」 の使い方がわかると、
他の五感動詞も同じように
「I can see 〇〇.」
「I can hear 〇〇.」と使えるようになりました。

 

というわけで、私は今でもBBQへ招かれると、
このフレーズが頭の中に戻ってきます。
何で、私は、こんなセリフが気になったのでしょうね。^^

 

◆ また別の英会話の表現で、
Have you seen my son?」というセリフがありました。
これもまた、「息子を見かけた?」という
【探している気持ち】で、誰かに話しかけるように言っていたら、
私の頭の中で「見かけた?」という気持ちと
Have you seen ~?」が結びついてしまいました。

 

そうなると日本語から、英語へ置き換えようとして、
「『Did you see ~?』かな? それとも
『Have you seen ~?』かな?」と、その後に悩むことはなくなります。

なぜなら、もう感覚的に、そうやって人を探す場合は、
「Have you seen ~?」を使うんだと
わかるようになったからです。

 

こういう風に、「自分の気持ちや感覚」 と
「英語のセリフ」 が一致するまで
音読(演技)してほしいのですね。

すると、使えるフレーズが、本当に増えていきます。

 

いつも言っているのですが、英語は
「知識として知っているだけ」では、一生使えません
日本の学校の勉強は、
「知識」 を詰め込むにはいいのですが、
「使う」 という視点からの練習が圧倒的に足りません。

 

ですから、自分で「使う」 という目的にあった
練習をする必要があります。そのための音読です。

使うのは、私のように映画でも、スピーチでも
(私は英語学校時代はスピーチをやりました)、
NHK講座でもいいのです。

 

そして音読の目的は、かけた時間や単なる暗記ではなく、
「その英語表現」 を 「使う感覚」ごと (文法を含め) 
同時にモノにするための練習である、と理解してください。

日本語を通さずに、「英語表現」 と
「自分の感情(感覚)」 を結び付ける練習です。

なので、そこに行きつくまで、セリフを繰り返してください。
「毎日何時間やる」とか、「毎日聞く」 とか、
「毎日先へ進む」 ことが、目的ではありませんので。

 

英語を使えるようになるためには、
「この英語表現と感覚を一体化させる」練習が、本当に効果的です。

英語を英語でわかるようになり、日本語は要らなくなります。

この感覚がわかるようになるまで、
同じところをずっと音読(演技)してみてください。
で、この感覚が掴めたら、新しいところへ進んで行きましょう。

 

英語ユーザーになるためには、こういう風に
効果的な勉強法を実践するかどうかにも左右されます。

音読も含めて、実際に効果のあった勉強法については、
私の無料メール講座【使える英語学び塾】 の中で、
詳しくお話しています。

 

ぜひこちらから登録してみてくださいね

 

※ 前回の記事、「音読のススメ」は、こちらです。

 

この記事が役に立ちましたら、下のアイコンのクリック をお願いします。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 297. Must-buy って何?

    2014年4月23日7:07

  2. 295. よい午後を!

    2014年4月21日7:39

  3. 289. 音読のススメ。

    2014年4月15日7:58

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP