絶対話せる!英会話

24. 日本で、とっさに出てしまった英語。

この記事は2分で読めます

日本へ一時帰国すると、
時々無意識で、英語がぽろっと
口から出てしまうことがあります。
先日言ってしまったのは、この言葉。

『Go ahead.』

エレベーターから降りるときに、
つい横にいた人に言ってしまいました。
驚かれました。
でも「Thank you.」と返事が来たので、大丈夫でした。
よかったです、英語の通じる人で。 ^^;
怪しい日本人にならずに済みました。

goahead

『Go ahead.』はその文字通りの意味で、
「先に行ってください。」
つまり「お先にどうぞ。」ということです。

この表現は「先に進んでください。」という意味の他に、
「どうぞ。遠慮しないで。」や
「どうぞ。やってください。」という意味にももなります。
許可を与えるようなニュアンスですね。
アメリカ生活では、ほぼ毎日どこかで聞く表現です。

 

◆たとえば、「これ借りて(使って)いい?」と
聞かれた時に、「いいよ。」という意味で。

Can I use this?
Sure.  Go ahead.

 

◆ 私を待っていなくていいよ、と伝えるときには、

Go ahead without me.

「私抜きで進めていいよ。」ということですね。

 

◆ 仕事で相手が自分の許可を求めていて、
「どうぞ。進めてください。」と言うときには、

Go ahead and process it.

私はlogistics を請け負ってくれている会社に
いつもこんなことを言っています。

 

話す状況と話し方でニュアンスは変わりますが、
この表現は文字通り、
24.goahead-2
という意味ですね。

日本語の「どうぞお先に。」と言うシーンでは、
After you.も使えますね。
これは日本語と全く感覚で使えると思います。

電車から降りるときや、エレベータから降りるときに、
これからは「どうぞ。」と言いながら、
頭の中に『Go ahead.』を思い出すようにしてくださいね。

そういうイメージトレーニングを日頃からしておくと、
とっさに口から言葉がでるようになります。
何事も練習なしに突然できるようになったりはしませんので。
今日も上の例文を音読してくださいね。

音読せずに、英語は話せるようになりませんからね。^^
私は徹底的に音読をして、英語が話せるようになったのです。

ネイティブ英語音声こちらからどうぞ。

「アメリカ人ネイティブスピーカー」による音声です。
リピーティングと音読にぜひ役立ててください。

※ こちらは私の無料 iPhone アプリと同じ内容です。

★ iPhone英会話アプリこちら

今日の記事がお役に立ちましたら、下のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 35. 練習し続けなさい。

    2013年8月4日11:37

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!