絶対話せる!英会話

今日はアメリカはハロウィーン一色。

この記事は4分で読めます

こんにちはー。

今日は、ハロウィーンです。
(アメリカは、まだ10月31日。)
今年は、Trick or Treat には参加しないのですが、
先日からハロウィーンパーティには参加しています。

先週末はパーティで、今週末もパーティの予定です。
ま、家族行事のようなものなので、
決して私が遊んでいるわけではないですよ。^^

私の会社は、とても仮装をして歩けるところではないので、
誰も仮装をしてきませんでしたが、
アメリカでは会社によっては、
仕事中一日仮装しっぱなしの人達もいます。

アメリカではハロウィーンと言うと、
大体三通りの楽しみ方があって、一つは子供用。
通りの家々を「Trick or Treat?」で歩き回って、
キャンディを集めます。

子供たちだって気合入っていますよ、見てこの顔。
メドゥーサです。

100_4201

「キャンディ、頂戴。」と言っているところですね。

100_4257

 

子供たちはこういう見事な仮装をして、
飾りつけがしてある家々を尋ねます。

大人が見ても、「すごーい、凝っている」と
感心する家もたくさんあります。
私が以前住んでいたところでは、
通り全ての家が飾りつけをするようなところで、
わざわざ遠くからやって来る人たちもいたくらいでした。

100_4247

 

二つ目の楽しみ方は、仮装して地元のお祭りに参加すること。
ロサンゼルス近郊ですと、
West Hollywoodのハロウィーンパーティが有名です。
しかし、ものすごーく混みます。
リンク先の写真を見ていただければお分かりになるかと。

私はUCLA時代、West Hollywoodに住んでいたことがあります。
そしてなぜかハロウィーンの夜、
私はバイトをしていました。
で、バイトが終わり、夜10時頃家に帰ったら、
見事に車を停めるスペースがなくなっていました。(-_-;)
(私はその頃路上駐車専門だったので。)

私が住んでいたのは、Melrose と La Cienegaが交わった辺り。
Santa Monica Blvd.へも歩いていける素晴らしい立地条件だったので、
どこを探しても、駐車スペースは残っていませんでした。
5年前の懐かしい思い出です。

 

そして三つ目の楽しみ方は、仮装大会やパーティに参加することです。
当日は会社へ仮装をして行ったり、
週末にはあちこちの家で仮装パーティが行われます。

仮装パーティは結構楽しいです。
そして仮装パーティと言われたら、
絶対に仮装をしていかないとなりません。

英語では、仮装パーティは、「a costume party」。
パーティを開くは、「throw a party」と言います。
日本語をそのまま直訳して、
open とか言わないでくださいね。^^

 

さて、アメリカのハロウィーンパーティでは、
どれくらい皆がおバカになるかということを、写真で紹介しましょう。

まずは、わたくし。

ほほほ、3年前の写真です。
うさぎの頭は、他の人の仮装なのですが、
気に入ったので、写真を撮らせてもらいました。
ちなみに私の仮装は、ディスコクィーンでした。
ウサギの頭の中では、怪しいカツラをかぶっています。

100_5240

 

結構年配の方たちだって、この通り。^^

SONY DSC

テントウムシと、カウボーイ。
牛の頭と、騎手の足付きの衣装です。
でもこの牛の頭、手でずっと持っていないと、
垂れ下がった状態になってしまうんです。

SONY DSC

こちらは手作り。
鼻は弱めの洗濯ばさみで作ってありました。
すごいですね。
彼女にはたくさんのお孫さんがいらっしゃいます。

100_4158

こちらは姉と弟と、その父。
家族でこんなことをしてしまうところが
アメリカっぽいですね。

SONY DSC

こちらは正統派の仮装ですね。
本当に白雪姫みたいでかわいかったです。

100_4142

 

これはすごすぎますでしょ。^^
気合、入りすぎです。コンタクトも入れているんですよ。
実は彼はハゲ。彼だからこそできるメークなのです。
でも落とすのが大変そうです。

100_5253

この時期は、いろいろな化粧セットが
ドラッグストアやスーパーで手に入ります。

 

一方、先週末は、大人と子供が入り混じった家族パーティでした。
子供たちはチームに分かれてゲームです。

2013-10-26 17.41.10

椅子取りゲームには、私も参戦。^^

2013-10-26 17.31.41

ちなみにこのクレヨン(Crayolaというブランド)になっているのが
4日前の私です。
この衣装、サイズをよく見たら 13~16歳用でした。
日本では決して細くない私でも着れてしまうところが、
アメリカ人の大きさを物語っていますね。
2013-10-26 17.30.24

さてパーティは童心に帰ったゲームで大人も盛り上がり、
次はピニャータタイムです。
家とガレージの屋根の上から、
ロープで紙でできた人形を吊るします。

ピニャータは、元々はメキシコの習慣のようですが、
カリフォルニアでは、人口の半分以上がヒスパニックですからね。
もうすっかり子供のパーティに、ピニャータは欠かせません。

2013-10-26 18.11.31

吊るされた人形を、目隠しした子供たちが、
叩き棒で、バシッバシッと叩くのです。
でも目隠しされているので、結構はずします。

2013-10-26 18.16.08

中にはキャンディが詰められています。
で、人形が壊れてキャンディが、中から出てくると、
皆でキャンディを我先にと集めるのでした。

「Trick or Treat?」といい、このピニャータといい、
この時期は、家の中がキャンディだらけになります。
でも困ったことに、甘いものを好きな人は我が家にはいないため、
いつも会社へ持って行って配るのでした。

 

さて最後に、今年作った衣装を紹介します。
じゃーん、「Minecraft」のSteve です。
2013-10-28 20.00.01

多分知っている人は結構楽しんでくれる、
しかし知らない人には全く分からない仮装でしょう。

でも頭と、スティックは買いましたので、
一応メジャーなキャラクターではあると思います。

このボディが手作りなんですよ。
頑張りました、私。^^
いや、箱に腕が通る穴を開けて、
水色の紙を巻いただけなんですけれどね。

本当は肩の辺りもきちんと作ろうと思ったのですが、
今年一度しか使わないものに、
そこまで気合を入れなくてもいいかと思い、止めました。
来年は絶対に着れるわけがありませんから。
でも手作りだけに、「Cool!」と大満足してもらえました。

今週末は、ハロウィーンが終わったにも関わらず、
またパーティです。
Halloweenが終わると、今週の土曜日には
Daylight saving timeも終わります。
土曜日の夜には、私たちは一時間失う予定です。

夏時間が終わると、もうThanksgiving Dayはすぐ。
そしてThanksgiving Dayが終わると、
アメリカは大セール期間へと突入し、
クリスマスがあっと言う間にやって来ます。

毎年、ハロウィーンが来ると、
今年もあと少しで終わりだなと思うようになりました。
日本にいた頃とは、違うものによって
季節や一年の移り変わりを感じるようになりましたね。

アメリカでは年の終わりにかけて、段々と気分が盛り上がって行きます。
そんな最初の大きな行事がHalloweenなのでした。

今日はあちこちで大人も子供のあちこちで
楽しめる楽しい日です。

皆さま、Happy Halloween!

下の写真をクリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 移民の方が有利なこと。

    2012年11月13日6:03

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!