絶対話せる!英会話

サプライズパーティ!

この記事は4分で読めます

私は今、サンフランシスコの近くへ来ています。
南カリフォルニア(CA)からロードトリップで
合計で7時間近くかけてやってきました。
今回の慌しい旅の目的はたった一つ。
知り合いの60歳の
『サプライズ誕生日パーティ』に参加するためです。

 

日本ではあまり行われない
サプライズパーティ(a surprise party)ですが、
人を驚かせたり、楽しませたりすることが
大好きなアメリカ人は、
こういう『本人に内緒の企画』をよく行います。

 

サプライズパーティは、パーティの主役に
パーティが企画されていることがばれてしまったら、
すべてが台無し。
ですので企画をする人も、招待を受けた人たちも
細心の注意を払います。
今回の発起人は、誕生日の彼の奥様でした。

 

その奥様から、1ヵ月半ほど前に、
こっそりと彼の友人たちにメールが送られました。
そして手順も知らされました。

今回のストーリは、こうでした。

 

誕生日の彼は、若い頃から

趣味でバンド活動をしています。
今回は長年一緒にやっているバンドメンバーの一人が
引退することになり、
その彼のサヨナラライブをするという設定です。
凝っていますでしょ。^^

 

2日前に、誕生日の彼は

こうやって嘆いていたようです。

「信じられない。

何十年も一緒にやってきた仲なのに。
彼なしで、うちのバンドは

どうなってしまうのだろう?」と。
彼は、まさかそれが、自分の誕生日パーティのために
作り上げられた話であるとは、
これっぽっちも思っていないようでした。
準備は周到に進んでいました。

 

では、私もこれからパーティへ行ってきます。
奥様の指示により、パーティ会場へは、
彼より早く着いていないとなりません。
姿を見られてはいけませんからね。

 

(この上の部分を書いてから7時間経過後。)
先ほどパーティから帰って来ました。
パーティ会場は、ライブハウス兼バーでした。
2時集合と言われていた私たちは、
会場でおのおのお酒を頼み、彼の到着を待ちました。
(お酒は、何とパーティ主催者側持ちでした。
70~80人はいたと思うので大変な出費だと思います。)

 

最後はカウントダウンのように皆で待ちました。
「O.K. everybody, he’ll be here in 10 minutes.」
「5 minutes.」
「3 minutes.」
「They’re in the parking lot. 」

 

バンドメンバーが到着したようです。
誕生日の彼は、一番に入って来ました。
何も気付かずに。^^

 

で、そこで70人もの大声による
「Happy Birthday, John!」
彼は、驚きと嬉しさを隠せない表情をしていました。
これがそのときの写真です。

CAM02977

 

ちょっと遠くからしか撮れなかったのですが。
私は皆さまのお邪魔をしないように後ろのほうにいたので。

 

まず奥様とハグ。

CAM02981

 

続いてお嬢さんとツーショット。

CAM02990

 

そしてライブが始まりました。
60歳なので、演奏は大抵60s, 70s のカバーでした。
でも実は、私はこの頃の音楽が好きなので楽しめました。

 

ヤングレディーたちが踊りまくっています。^^

CAM03033

 

こういうイベントは楽しんでしまった方がいいので、
人目などを気にしないアメリカ人の方が
思いっきり楽しめると思います。

アメリカのパーティのいいところは、
老若男女がいつも混じっていること。
日本では若者のイベントは、若者だけ。
年配層のイベントは、年配層だけ。
でもアメリカでは、皆ごっちゃになって楽しみます。
今日も、20代の若い男性が、お母さんくらいの女性と
一緒に踊っていました。
日本では見かけない光景でしょうね。

 

話はちょっと逸れますが、
数年前に知り合いのハロウィーンパーティに行ったとき、
一番最初に踊りだしたのは、
3歳児とその曾お祖父さん80歳でした。
4世代に渡って一緒に楽しめるって、いいと思いませんか?

 

今日のパーティでもライブ中、

おばあさんがずっと踊っていました。
水色の真ん中の方です。

CAM03013

 

日本では、ある程度の年齢の女性が、
ライブバンドで踊るなんて、あまりないでしょう。
そういうことができるのは、多分うちの母くらいかと。^^

 

とにかく皆さん、大変よく踊っていました。
特に元ヤングレディーたちが(多分40後半から50代)
とても楽しそうでした。
奥様もずっと踊っていました。

 

演奏の後は、しばらくあちこちで皆がおしゃべり。
2時間後くらいに、全員が中へ入るように言われ、
彼の生い立ちのビデオが流されました。
日本の結婚式みたいですね。

 

CAM03018

 

司会は、奥様。
やっぱりプレゼン慣れしているアメリカ人ですね。
大抵の人は、皆、司会くらい上手にこなせてしまうんですね。
そつなく司会をこなす60歳前後の女性。
日本で見つけるのはなかなか大変そうです。

 

後でお嬢さんに聞いたのですが、このパーティは完全に
奥様と、バンド仲間の奥様たちで計画されたようで
お嬢さんは全然参加してなかったそうです。
さすがバンドマンの彼女たち、やりますね。

 

それにしても、バンドを長年ずっとやっているのって、
すごくないですか?
60歳になるまで、ですよ。

 

今日の主役の彼は、
実は数百人の従業員を抱える会社の社長さんなのです。
忙しいと思うんですけれどね。
でも好きなことは止めないという姿勢がいいですね。
日本でもそうやって人生を楽しめる人が
もっと増えるといいなーと思います。

 

で、最後にいただいたお土産がこれ。
ウィスキーが大好きな人なので、
お土産もウィスキーのミニボトルでした。
かわいいですね。

CAM03027

 

よーく見ると、ベースギターの絵に、
Being 60 Rocks!!
Keep on playn’
Johnny!
Happy 60th Birthday!!
と書かれています。
いいですね。^^

 

さて、今日のパーティは

「Happy Birthday!」でスタートしましたが、
こういうサプライズパーティは、
しばしば「Surprise!」で始まります。
皆でひっそりと隠れていて、主役が現れると同時に、
大声で「Surprise!」とその人を驚かせるのです。

こういう場合、サプラーイズと、「ラ」の部分を
強く長く発音する感じです。
『surprise』という単語は、

動詞でも、名詞でも、形容詞としても、
よく使われる言葉です。

アメリカへ着てから、私も何回か
サプライズパーティに参加しましたが、
これはなかなか粋な計らいだと思います。
日本でも流行ったらいいな、と思うアメリカ文化の一つです。

 

下の写真をクリックして、応援していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. ロサンゼルスでの休日。

    2013年8月19日22:05

  2. 移民の方が有利なこと。

    2012年11月13日6:03

  3. 教育のバックグラウンド。

    2012年11月16日10:12

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!