絶対話せる!英会話

112. 前置詞に込められた気持ち。

この記事は2分で読めます

昨日、子供が私にクイズを出しました。
どうやらジョークのようだったのですが、
全然面白くありませんでした。^^;

でも前置詞の「in」と「on」を
考えるときに、いい例だなと
思いましたので、シェアします。

英語ネイティブキッドが
どんな風に前置詞を捉えているかが、
わかると思います。

やりとりはこんな感じでした。

子供:「ペンギンはどこでダンスをするでしょう?」

私 : 「ペンギン?南極!」

子供:「No.」

私 : 「氷の上!」

子供:「No!」

私  :「南極大陸!」

子供:「No!  (大きな声で)In! 」「Not  “on.”」

 

これが英語ネイティブキッドの前置詞感覚です。
聞いていて「おぉ!」と思いました。
分かりますか?
氷の上や、南極大陸では、
『on the ice』や『on the Antarctic Continent』に
なってしまうわけです。

『in』なんて、たった今、言っただけじゃない、
と思いながらも、今度は『in』を使う場所を考え始めた私。

私 :「In the ice!」
(凍ってしまっていて踊れませんね、きっと。)

子供:「No.」

私 :「In the ocean!」

子供:「No.  Give up?」

私 : 「O.K.」

子供:「In the ice ball.」

私  :「…. で、ペンギンが、”Let me out!(出して!)” とか言うの?」

子供:「No! In the ice ballroom.」

私 : 「….」

ボールルームって、分かります?
あの社交ダンスを踊るホールのことです。
氷の社交ダンス場で、ペンギンはダンスを踊るそうです。^^;

「氷のダンス場」なんてありませんから、
そこでペンギンが躍るという表現を、
どこかで読んで面白いと思ったようです。
フィギュアスケートが、
氷のダンス場と言えばダンス場ですが、
その場合はon the ice になります。

112.in_on

『on』は何かに接触しているというのが、コアな意味です。
上の例を見ていただければ分かりますね。
接触していればいいので、壁でも天井でも
くっついていれば『on』を使います。

一方『in』は、何かの空間の中に入っている感じ。
上の例ですと、海の中、氷の中、ダンスホールの中。

ネイティブキッドが、
「『オン』じゃないってば、『イン』!」って
言った感覚がお分かりいただけました?

前置詞は、日本語訳を無理に覚えるよりも、
こうやって感覚をつかんだ方が、
ゆくゆくは間違えずに使えるようになります。

 

★ この記事は、私の無料iPhone英会話アプリと同じ内容です。

本日の記事がお役に立ちましたら、下のアイコンをクリックしてください。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. 133. 皇太子も時間切れ。

    2013年11月10日1:20

  2. 130.「今回は違うのよ。」

    2013年11月7日4:30

  3. 134. 数えられる「時間」?

    2013年11月11日7:29

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!