絶対話せる!英会話

iPhone5Cではなく、 iPhone5Sがオススメらしい。

この記事は4分で読めます

昨日9月11日、グーグルでニュースを見ていたら、
9.11のニュースに交じって、
iPhone5S とiPhone5Cが 大きく取り上げられていました。

こんな日(9.11)でも、iPhoneが
そんなに 大きなニュースになるんだ、と思って、
”iPhone 5S”とグーグル。
すると、何と 79,200,000もヒット。
恐るべし、iPhone人気。

でも実は、iPhoneがやたらと人気なのは、
日本とアメリカだけって、知っています?
世界的には、圧倒的にアンドロイドの方が売れています。

ここアメリカでは、新しいiPhone(16ギガの5Sと5C)は、
Wal-Martで安く買えるみたいです。
2年契約をすると、それぞれ189ドルと79ドル。
2種類あるので悩む人もいるでしょうね。
私は、何で2つの価格帯があるのか、
気になってグーグルしてみました。

すると、たくさんの比較サイトが見つかりました。
でも単純に一覧表を見せられても
それが何を意味するのか、よく分かりませーん。

で、そんな中、分かりやすかったのは、この記事です。
このように独断でスパッと言い切られてしまうと、
多分ほとんどの人が、迷わず5Sを買うと思います。

タイトルからして、
「なぜ私は、iPhone5Cではなく、
iPhone5Sに喜んで100ドル余分に払うのか?」
とてもキャッチーに書かれていて読みやすい記事でした。

でもね、ここは英語の勉強サイトだから、
やっぱりついでに英語も勉強しましょう。^^
(直訳はしません。)

それでは、筆者のオススメ理由を順番に読んでみましょうか。

◆ より速いA7 64bit のCPU。

「アップルによると、iPhone5Sは、
今のiPhone5よりも2倍速いそう。」

iPhone 5s is twice as fast as the existing iPhone5.

まるで英語の教科書の例文のように
見事に美しい「原級を使った比較」の文章ですね。
こういう例文なら、覚えられる人もいそうです。

◆いいカメラが付いてます!

「アップルは、5Sについているカメラが
どれだけいいのか、 フラッシュの性能が
どれだけいいのかを、 大々的に売り込んでいる。」

「5Sは、より早いA7プロセッサー搭載なので、
それによってスローモーションのビデオの
キャプチャーなどができる。」

Because the 5X has the faster A7 processor,
it enables such as features as slow-motion video capture.

Becauseで始まる文章は、 「~なので」という理由を表します。
Becauseの節(主語S + 動詞V) が、先に来た場合には、
主節の前にカンマを入れてくださいね。
でもbecause節が後ろの場合には要りません。

こんな感じです。
Because S+V, S+V.
S+V because S+V.

Enable は、典型的なSVOCを取る動詞。
そして、SVOC以外の形は取りません。
でもって、人は主語になれないんです。
不思議な動詞ですよね。

◆ 新しいM7チップ。

「5Sの中には、新しいM7チップが入っている。
それは、次世代フィットネス―トラッキングアプリと
合うようにデザインされたもの。」

◆ タッチID指紋スキャナー 。

「5を越える5Sのアップグレードの一つは、
ホームボタンに新しい指紋セキュリティシステムが
搭載されたこと。」

「これがどれだけクールで役に立つかについては
大いに議論できるところだけれど、
これは、5Cには付いていないからね。」

◆ 軽いんです!

「iPhone5Sと5は、3.95 ounces。
でも5C は、4.65 ouncesだからね。」

コンバーターを使って、計算してみました。
3.95オンスは、111.98g。
4.65オンスは、131.83g。

軽いですね。卵のS~MSサイズが約47-58gらしいので、
(Mサイズは64グラム未満)
5S は、ちょっと小さめの卵が2個くらいの重さですね。

いつまで経っても、ounce とかいう時代遅れな
そして世界基準から外れる単位を愛用し続けるアメリカ。
私は未だにounce が何グラムなのかを知りません。(^^;
Pound はさすがに覚えましたが。

◆ 将来への補償の追加。

「何年かすると、アップルってOSのアップデートの
ために デバイスのサポートを止めちゃうのが常だけれど、
5Sは、アップデートができるからね。
でも5や5C は、できないだろうけれど。」

◆ 誰かに売るときにも、5Sの方がいい。

「アップルの下取りプログラムで、 何年か後に、
5Sを下取りしてもらったり、 (あるいはebay やアマゾンで
誰かに売ったり)するかもしれないけれど、
そういうときにも、5S は、5Cよりも いい条件で
引き取ってもらったり、売れるはず。」

If you go to trade in your 5S,
you’re going to get more for it than your 5C.

Trade-in は下取りのことです。

◆ バッテリーに関しては、iPhone5よりも5C の方が長持ち。
アップルのサイトによると、5Sと5Cは同じと書かれているけれど、
先に出たレポートによると、5Cの方が長持ちするとも言われている。
でも、アップルの仕様によると、違いはないらしい。

「5Cの魅力は、やっぱり何て言っても100ドルも安いこと。
でもね、携帯電話って、長い間持つことを考えると、
それはそんなに問題にならないのではないかな。
だって、電話って毎日使うものだからね。」

「きっと、5Cの値段は、ゆくゆくは下がると思う。
だからね、どっちを選ぶかっていう選択は、簡単。
iPhone5Cは、やっぱり、買う価値がないと思うから。」

The iPhone 5C isn’t worth buying.

worth V-ing で、~をする価値がある、でしたね。
それが否定されているので、買う価値はない、と。

人にオススメするときには、私たちもこれくらい
すっぱりと言い切りたいものですね。

でも私はアンドロイドユーザーなので、
説得されませんでしたけれど…。

iPhoneはもちろんそこそこ人気はあるものの、
今回の発表では、市場では今一つ期待外れと
受け取られてしまったようですね。
発表直後に株価が5%も下がってしまうなんて。

開発した人たちには、ショックでしょうね。
販売前ですからね。 しかもこの記事のように、
バッサリと5Cを切っている 英語の記事は他にもありましたし。

こういう中で、どれくらいこれから5C が売れるのか、
気になります。

英語でのiPhone評をお伝えしました。
お役に立つと嬉しいです。

それでは、また。

下の応援ボタンを押していただけますと、嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

あわせて読みたい

  1. ブログで留学生時代を回想

    2013年8月10日14:05

  2. ストップウォッチ効果。

    2013年12月14日16:27

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!