絶対話せる!英会話

晴れて合格!

この記事は2分で読めます

今日は運転試験を受けに、DMV(Department of Motor Vehicles) へ行った。

今回は一人で行ったら、試験官に「運転免許所持者と一緒に来なかったの?」と聞かれた。「一人で来た。」と言ったら、「日本で免許は持っているの?」と聞かれ、「はい。」と答えたら、「OK.それなら問題はないわ。Sweetie。」と言われた。この試験官は前回、私を落としたヤツだー。「35mph の道路を37mph で走っていた。」「Stopサインできちんと止まらなかった。」と言われて、先月落とされたのである。Stopサインでは絶対に手前で止まっていたからね、私。なのに止まっていないと言われ、何か納得いかなかったのよね。その話を友達にしたら、「きっとぴったりに止まりすぎたんだよ。アメリカ人なんて、大雑把だから、そのぎりぎりで止まったのがわからなかったんだよ。」と慰められた。何はともあれ、そのせいで5ドル余分に払い、今日の再試験だったのである。

「あいつじゃない試験官にしてくれー」と願い、願ったとおり違う試験官にあたった。特に今回は問題がなく、無事に終わり、「合格としよう。」と言われたときは、嬉しかったー。2週間以内に郵便で免許証は送られてくるらしい。日本に比べると全てがイージーだ。

DMVのボールペンには全て(私が見た限り全部よ、全部)花がついているの。(造花だけど、これがデカイんだよね)字が書きづらくって仕方ない。公共の場で、ハイビスカスが付いているボールペンなんて、日本じゃ考えられないよね。しかも支障がないならともなく、そのボールペン、かわいいんだけれど、バランスが悪くって、書きづらくって仕方ない。もっと実用性を考えようよ、と言いたくなってしまう。

そうそうペーパーテストの採点方法も、日本とは全然違う。目の前で鉛筆で丸をつけて、「はい、合格」と言われただけ。うーん。日本は systematic 過ぎるのだろうけれど、それに長年慣れてきた私にとって、ここカリフォルニア人の仕事振りは…いいのだろうか?と思うくらいいい加減に見えることがある。まぁ生きていくのは、きっとこっちの方が楽だろうけれど。

日本を出るといつも思うことが、「日本では、何て素晴らしいサービスを普段から当たり前のように受けているんだろう。」ということ。確か14カ国ほど回ったはずだけれど、日本以上のサービスを受けたことは未だにない。どちらかと言えば、いらいらさせられることの方が多い。そのくせチップとか要求してくるから、イヤになってしまう。なーんて、チップが必要なところなんて、滅多に行かないけどね。でもサービスに関しては、アメリカは最悪のような気がする。発展途中の国なら、話はわかるのだけれど、世界一の国だということを考えると、サービスも一流にして!と思うのは、わがままで picky かしら?

まー、物は考えようで、去年はこのサービスの悪さのおかげで、私自身が大きく進歩した気がする。それはね、“Patience" を学んだこと。いちいち腹を立てている自分が段々バカに思えてきて、そのうち怒らなくなってきた。去年7ヶ月アメリカで一番学んだものは、忍耐強さ。最初っから「サービスには何も期待しない」「決められたとおりに物事は絶対に進まない」と考えるようになってから、たまにいい目に合うと、「やるじゃない」と思えるようになってきた。
でも自分もいい加減にならないように気をつけなきゃね。

あ、今日はプリンターとビデオをゲット!しかーし、ビデオデッキがあっても、ビデオがない。明日入手してこよう。

あわせて読みたい

  1. かなりショック。

    2008年9月24日6:20

  2. テキストは届かず。

    2007年1月8日0:00

  3. I got hired!

    2006年6月7日0:00

  4. 土曜日ののどかな夕方。

    2009年3月8日11:40

  5. 初めての携帯。

    2007年7月17日2:43

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!