絶対話せる!英会話

1ドルショップ。

この記事は1分で読めます

今日は木曜日なので、私は授業がない。珍しく今朝は起きられず、ルームメイトが仕事に行った後に目が覚めた。その後は家でずっとお勉強。夕方になり、ちょっと気が滅入ってきたので、今年オープンした1ドルショップへ行ってみた。実は私は日本にいるときから、100均ショップが大好き。ここでも99セントショップや1ドルショップは大の私のお気に入りなのだ。

「日本の100均」と「アメリカの一ドルショップや99セントショップ」を比較してみると…。
アメリカの方がプレゼント関係(包装紙、カード、袋など)、
パーティグッズ(かわいい紙皿やカップなど)
仮装関係(お面や、ハロウィンの変装グッズ)や
洗剤、石鹸、シャンプー、
そしてお菓子や食べ物が充実している。

片や日本の方が、文房具や小物入れやお片付けグッズが充実している。

なんとなく国民性を現しているような気がする。
「アメリカ」
プレゼントやカードに力を入れる。つまり、誕生日や記念日などを大事にする。そしてアメリカ人はパーティが大好きだと思う。職場でも仮装したりするし。そして最後はお菓子が大好きなアメリカ人。
「日本」
家が狭いせいもあるけれど、小物入れは重要である。お片づけが好きで、細かく整理をするのが得意。文房具は世界一質が高い国だと、私は勝手に思っている。(今まで日本以上の高品質な文房具にお目にかかったことがない。あ、韓国はどうだろう?彼らもハイクオリティな製品が好きな人たちだしなー。今度友達の韓国人に聞いてみよう。)

日本でもアメリカでもいづれにしても、こういうお店はたくさんお買い物をしても、感動するくらい安いし、100円だと思うと失敗しても損をした気にならない。なので、こういうお店は非常にありがたい。

特に今日は勉強以外、誰とも会話をしていないし、何もしなかったので、1ドルショップの報告で終わりにしておこうっと。

あわせて読みたい

  1. 引越し完了。

    2005年4月12日0:00

  2. 何事?!

    2008年7月11日14:06

  3. NYC。(最終日)

    2007年8月20日5:31

  4. 帰国。

    2007年4月15日15:30

  5. 大事な、大事な自由。

    2009年8月20日12:59

  6. 荷物の移動先。

    2005年6月5日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!