絶対話せる!英会話

油が…。

この記事は2分で読めます

今日はクラブのためだけに学校へ行った。前にも書いたが、昼間学校へ行くと、確かに大学っぽいのである。クラブはイベントの打ち合わせをしたりして、何だか高校の学級会みたいだ。いつの間にか、高校を卒業するまでと、高校を卒業してから同じ年月が過ぎてしまった。なのでこういう活動がとても懐かしく、何だか新鮮なのである。

昨日の夜、「あーたんぱく質が足りない」と思い、スーパーへ行った。何だか無性にクリスピーチキンが食べたくなって、冷凍物を買ってみた。ここでは日本より豆製品や魚を食べる機会が少ないので、肉をあまり食べない私はたんぱく質不足が懸念される。ということで、チキン。ついでに冷凍の餃子(初めて見た)も買ってみた。さてクリスピーチキン、箱を開けて驚いた。包装もしていない箱の中にチキンがゴロゴロ入っている。うーん、ゴミが入り込みそうだなー。こういうものは買ったことがないので、どうすればいいのかな?と思い、箱の外側を見てみたのだが、何も書いていないのでそのまま電子レンジへ。2分後、レンジから取り出してびっくりした。お皿の底に多量の油が溜まっていたのだ。しぇー。お皿を換えてみたのだが、まだ油がすごい。キッチンペーパーに吸収させ、かじってみたが、まだ油が気になる。なので衣をはがしてしまった。何のためにクリスピーチキンを買ったのだろう?しかし、安い割りに(8pcs入って4.80ドル)味は意外にまぁまぁだった。しかし、あの油には驚いた。あんなもの毎日食べていたら、体に悪いに決まっている。

でもこの類の食べ物は意外にクセになりやすい。油は毎日食べていると、簡単に好きになれそうな気がする。前にルームメイトがパンに付けたバターの量に驚いたことがある。あんなにベッタリ塗る日本人はあんまりいないだろう。太るのも仕方がない食生活だ。でもアメリカはファットフリー食品が充実している。日本よりはるかにそういう食品類は多いと思う。なのになぜ皆太っているのか?太ってしまったからダイエット食品やファットフリー食品に頼らざるを得ないのだろう。食生活に普段から気をつけていればいいのだが、ここにはクセになりそう食べ物が安く、多量に売られている。小さい頃から油ものをたくさん食べると、その食生活は一生直らないと聞いたことがある。何だかそう考えると、アメリカの食生活は少し怖いものがある。

でも私は油脂の摂取量がここに来てから、以上に少ない気がする。もっと脂肪分を取らなければいけない。たんぱく質もだ。豆製品と魚が好きな私。しかしここでは高いため、あまり食べれない。脂肪分不足に加え、たんぱく質不足も懸念される。ということで、明日は焼肉かな?

あわせて読みたい

  1. 自転車を購入。

    2004年12月20日0:00

  2. ストライキ。

    2007年11月11日9:30

  3. Golden Rule…。

    2004年10月28日0:00

  4. 何事?!

    2008年7月11日14:06

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!