絶対話せる!英会話

着々と引越し。

この記事は1分で読めます

昨日の夜、洋服やら台所ものを新しい部屋へ運んだ。着々と引越しは進んでいる。新しくルームメイトとなる彼は、仏教と中国の歴史と日本の文化に非常に詳しい人で、話をしているとすごくおもしろい。日本人以上にdisciplineに重きを置く人で、驚いている。アメリカ人でこういう人がいるとは思わなかった。「わびさび」の分かる外国人と言ったところか。しかも日本人以上にきれい好き。何度も書いたが家の中の内装は見事である。そして、とてもart personだ。

部屋の中に靴を置きたくないので、レンガと板で靴箱を作り、廊下に置こうと思っていると話したところ、それなら大きいのを作ってシェアしようということになり、材料を揃えた。私は何もしないが、恐らく明日には素晴らしい作品が出来上がっているに違いない。

私がこの家を好きなのは、もう一つ理由がある。猫がいるのだ。猫を飼ったことはないが、猫は見ていると飽きない。しかも人なつっこい猫である。一度トイレの手洗いシンクの下から出てきて、私の足の周りにまとわり始めて、トイレの中での私を困らせたこともある。寝ていれば気にせずおなかの上に乗ってきたりはするが、うつぶせになっているときに毛布をかけておくと、毛布の上での猫の足踏みが、私の腰のマッサージになったりもする。

そうそう昨日「子連れ狼」って言うんだっけ?昔のTVドラマ。その映画を見た。さすがにこれは私が生まれる前のドラマだろう。どうして子供を連れて流離うことになったのか、初めて知った。

ま、TVドラマのことはさておき、日本について質問される度に、わかっているようで実はわかっていないことに気づかされる。今度日本へ帰ったら、歴史やその他社会の教科書でも持ってきたほうが良さそうだ。

さて、明日も引越しの続きである。
試験が終わったところで、少し気持ちに余裕のある内にやることはやっておかないと。

あわせて読みたい

  1. 高熱で病院へ。

    2011年6月8日12:23

  2. ボランティアと違って。

    2010年8月24日13:01

  3. へぇ。

    2008年1月25日17:41

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!