絶対話せる!英会話

へぇーと思った言葉。 >丹後ちまきさん、Shirleyさん、Tommyさんへ

この記事は2分で読めます

先日、お客さんの食べ終わったお皿を下げていたときに、向かいの女の人が言った言葉。「I’m still working on.」へぇー、こんなときにも、Workって言うんだ。意味はもちろん「まだ食べています」ということ。

ちなみに英辞朗で「work on」を調べてみると、
【句動-1】 〜に取り組む、〜にせっせと励む、〜の努力をし続ける
が一番この状況の意味に近いと思われる。しかし、別にせっせと食べていたわけではない。

Collins Cobuildで調べてみると、
"When you work, you spend time and effort doing a task that needs to be done or trying to achieve something."
がこのときの意味に近いと思われる。
これらの辞書ほど大袈裟な意味ではないが、ふーん、と思った言い回しだった。

昨日ひかりさんの日記を読んで、そして私もコメントを書かせていただいたのだが、日本では使わないが、アメリカで使う言葉。それは「plumber」。
http://hikariathikari.seesaa.net/article/2868378.html#comment   
参照。(ひかりさん、また勝手に載せてます。)
単語帳に載っていたのを見たときは「日常生活で絶対に使うわけないよ。」と思った。日本では配管工、あるいは水道工事会社という意味。滅多に使わない。一度アパートの天井から水が落ちてくるようになり(私は1F)大家さんに連絡したところ、水道工事会社が来てくれて2階の部屋の配管を修理してくれたことがあった。そのアパートで暮らしていた10年間で1回のみのできごとだった。

しかしっ、ここではよく使うー。アメリカのトイレって流れが悪かったり、水道もよく故障する。前にも一度日記に書いたが、1ヶ月で3回水道が止まったこともある。トイレも結構頻繁につまる。アパートのみならず、ホームステイしていた家でもトイレの水が流れなくなったこともある。ところ変われば事情も違う、そして必要な単語も違う。

そう考えると、その当時私が見ていた単語帳、ひょっとしたら編集者のアメリカ生活体験に基づき、まとめられていたのかもしれない。なんにせよ、変な(?)目新しい単語はすぐに覚える私。なのでPlumberは一回ですぐに覚えた。絶対に無駄だと思ったのだが、そんなことはなかった。日本で使わないからと思っても、事情が変われば使う単語もあるのだ。広く何でも覚える努力をしようと教えてくれた単語であった。

さて今は朝の7時40分。猫のパパッチは私の膝の上で眠ってしまった。今日と明日で荷物を全部運んでしまう予定なので、彼とのんびり遊べるのは今が最後。うーパパッチ。寂しいよー。

さ、引越し準備の続きしなきゃ。

あわせて読みたい

  1. 国境にて。

    2010年12月1日15:18

  2. やっと引越し。

    2010年3月8日15:44

  3. 油が…。

    2004年11月10日0:00

  4. Go San Francisco Card。

    2006年12月24日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!