絶対話せる!英会話

トランスミッション、お取り替え…。

この記事は3分で読めます

日曜日の夜から車の調子がおかしくなった。どうもギアの切り替えがうまくいかなくなったようで、空回りをしているようだった。こういうときにアクセルを踏むと、でかい音をだすだけである。それでも日曜日の夜は家へ帰らねばならなかったので、無理やり乗った。そして乗っていたら、そのうち普通に動くようになった。

そして昨日月曜日の朝、会社へ向かう途中、同じことが起こった。しかも今度は止まりそう。やばっ、とフリーウェイを出て、エンジンを止めて、また走らせた。どうにか会社へたどり着いたものの、帰りが怖い。

帰り道、また同じことが起きた。もうフリーウェイに乗るのは完全に無理、と思ったので、下の道を通って帰って来た。それでも途中、時々おかしかった。

さて今朝、車の修理に行くため、またまた運転した。本当はレッカー移動をしたいところだったのだが、知り合いの修理屋は遠い。レッカー代だけで200ドル近く払いそうだったので(AAAの会員サービスを受けたとしても)、恐る恐る乗ってみた。最初は本当にまずい状態だったが、乗っているうちに普通に走るようになってきた。そして結果、道に迷い、2時間も運転することになったが、どうにかたどり着いた。方向感覚の良さには自信を持っている私だが、今日は迷った。それはグーグルマップのせい。(正確にはプリンターとの相性のせいか?) 

今日は高速道路は無理だとはじめから思っていたため、Google Mapsの道順を参考に、くねくねと下の道を通って行った。(本当にくねくねと右に曲がり、左に曲がり。)途中までは順調だったのだが、行き方のプリントアウトの3ページ目がなぜか真っ白だった。ページ番号は入っていたのに、それ以外は何も印刷されていなかったのだ。13~20までの道順が抜けてしまっていたので、知らない町の知らない場所で途方にくれた。

私が住むここら辺(南CA、LA周辺)の道はまっすぐな道が少なく、そして通りの右側と左側で道の名前が異なることも多く、まっすぐでない道でも同じ名前を使用していたり、今日通ったあたりでは小さな山が沢山あるのでそこに入り込むと行きたい方向へ進めない、などのいろいろな障害があり、初めての場所で地図がないと、結構お手上げ状態になる。今日通っていた辺りは、普段行かない場所なので、地図も持っていなかった。仕方がないので、太陽の方角と、どれくらい進んだかの自分の勘に頼り、どうにか車を走らせた。(*どうしてどれくらい進んだかを、自分の勘に頼らないとならないかと言うと、私の車は最近しばしばスピードメーターが働かない→つまり走行距離が分からない。)

元々フリーウェイを使わないと、1時間半の道のりと思っていたので、30分くらいは余分なところを走っていたことになるが、走っている間、車は問題なく走ってくれていたので助かった。走り始めたときは無事にたどり着けるかどうか、冷や冷やしていたが、たどり着けて本当によかった。

さて、修理屋では、「これこれ、こういうことが起こった」 と説明をしたら、その韓国人修理屋さん(日本語を少し話す)は車の下をすぐに覗き込み、「あー、トランスミッションオイルが…もれている。」とすぐに問題点を発見。そして元々その修理屋を紹介してくれた男の人(こういうときは男の人が必要。女の人だとボラれる可能性があり。ま、この人はそういうことはなさそうだが、私は車のことはよく知らないので、判断ができない。)を含めて、3人で電話で話し、結局、トランスミッション全部を取り替えることにした。

取り替えることに決めた理由はいくつかある。まずエンジンは問題がない、いいエンジンだと、しばしば修理屋に言われるので、これはまだ持つと判断。そして1年ほど前にブレーキシステムを全面的に修理したこと、そして最近マイナーな修理をしたこと。これらにより、もしトランスミッションを取り替えれば、あと数年は乗ることができると判断。そして何よりも深刻な理由は、新しい車を買うお金がないということ。

トランスミッションのオイルを止めるだけの修理なら、600ドルかかると言われたのだが、私の車は古いので、トランスミッションを全部取り替えることにした。こちらの料金は1300ドル。そして4日間のレンタカー代が200ドル近く。合計1500ドルもの突然の出費である。もう300ドル足すと、車を購入したときの金額になる。(私は6年前に車を1800ドルで買った。ちなみに私に売った人は、その1年前に3000ドルで買った。) 車の購入代金と修理費用が同じになったら、買い換えたほうがいいと言う人もいるようだが、私は実は今の車が大好き。ほとんど手入れをサボってるにも関わらず、本当によく走ってくれる。ちなみに今回の故障の原因は、土曜日にメキシコまでこの車で行ったせいだと思う。片道2時間の高速運転と、国境を越えるときにずっとエンジンをかけたまま1時間近くののろのろ運転が、きっとダメージを与えたのだと思う。何せその翌日からおかしくなったのだ。

ま、というわけで泣く泣く1500ドルの出費。ま、車を新しく買うよりは安いから仕方がない。それに私、この車は本当にダメになるまで乗るつもりなのだ。

しかし、今日レンタカーを乗ったら、あまりにも運転が快適で驚いた。静かー、すべてが自動だー、アクセルもブレーキもそっと踏むだけでいいんだー、静か過ぎてスピードが出すぎていることを忘れてしまうー、と夢心地。運転がこんなに快適なものだったと、今日ほど強く感じたことはなかった。たまたま私の好みに合っていたのかもしれない。ちなみに借り車は、Nissan Versa。ちょっと座席とトランクが狭いが、一人で通勤するには十分な車である。せっかくレンタルしたのだから、4日間、つかの間の快適運転を楽しもうと思う。

4日後には、私の車も直っているといいな。

あわせて読みたい

  1. 早く来い来い、免許証。

    2004年11月7日0:00

  2. Newport Beach

    2005年6月1日0:00

  3. 帰国。

    2007年4月15日15:30

  4. Party。

    2004年9月25日0:00

  5. 後悔させられる食べ物。

    2008年8月26日4:40

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!