絶対話せる!英会話

思い切ったところ。

この記事は1分で読めます

昨日、とある女性と話をするチャンスがあった。その彼女は、知り合いの子供の親戚の親戚。彼女から、私が探していたクラスが、土曜日に取れるコミカレがあるという情報をもらった。ちなみに彼女はそのコミカレの教授である。

今日の午前中はいろいろとリサーチ。通える範囲のコミカレで、土曜日、もしくは夜間で授業をオファーしているところはないか、半径60マイル以内のコミカレの授業スケジュールを全部チェックした。そして2つのコミカレはどうにか通えそうなことが分かった。(1つは彼女が働いているコミカレなのだが、少し遠い。)

そして午後は半日、自分がまた学校に通えるかどうかを考えた。しかし夜7時。思い切ってコミカレに願書を出した。授業は来週かららしいので間に合うかどうかは微妙なところではある。ま、昨日までは諦めていたので、もし間に合わなかったら、スタートは8月からになるというだけのこと。

フルタイムの仕事+家事(毎日の自炊)+その他もろもろで、今でもあまり自分の時間がないため、できるかどうかは本当に自信がない。しかし申し込んでしまった。自分一人で暮らしていて、自分だけの時間のコントロールなら、何があってもできるとは思う。しかし今は自分の思い通りにならない人が家の中に2人いる。この状態で果たしてどこまでできるかは、はっきりいって相当心配だが、「えーい、思い切らなきゃ。」と自分に渇。

間に合うといいのだが、どうなるかは分からない。しかし求めているときに、情報や答えは自然にやって来る。ありがたい。

あわせて読みたい

  1. ご近所なのに…。

    2007年8月23日13:30

  2. I like San Francisco. (Part 1)

    2006年8月11日0:00

  3. 後悔させられる食べ物。

    2008年8月26日4:40

  4. 車の修理第二弾。

    2008年3月31日17:05

  5. 下見。

    2006年8月5日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!