絶対話せる!英会話

かもめのジョナサン。

この記事は1分で読めます

先日、何だかふと思った。

「私、かもめのジョナサンの気持ちが分かったような気がする…。」

何でこんなことを急に思ったのかはわからない。それを読んだのは12年前。確か入院中に友人が持ってきてくれた。そのときは「何だ、これだけ?」と思ったのだが、今になって思い出されてきた。と言うか、忘れていたに近い。なのに突然、「あぁ、そうか」と思った。12年経って急に理解できることもあるものなのか。それとも私がジョナサンに近づいたのか。後者だったら、嬉しいのだが。

あわせて読みたい

  1. 理解の遅い人。

    2012年3月18日8:26

  2. 少し気がラクに。

    2009年6月11日10:19

  3. 帰国初日。

    2008年12月16日22:00

  4. 楽しみまくった春休み。

    2009年3月31日4:35

  5. 泣かせていただきました。

    2008年7月25日14:18

  6. Medi-Calで考えたこと。

    2006年6月2日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!