絶対話せる!英会話

消える音。

この記事は1分で読めます

今日も昨日に引き続き、昔のEnglish Networkを聞く。どうしても聞き取れなった単語はEgypt とfruitfulと”aimed at ending”のかたまり。EgyptはMediaPlayerで音をゆっくりにして何度も聞いたけれど、「t」の音は聞こえなかった。なので、ぃえぃじと聞こえる。(無理やり日本語で書くと)Egyptの後がforで、その前に一瞬の空白がある。そこで「t」の音があると判断しないといけないようだ。「p」の音と「f」の音は一緒に発音されているように聞こえる。

同じく“aimed at ending a legacy…”の部分もaimed の「-ed」とat の「t」の音は聞こえない。Media Playerの「再生速度、遅く」はかなりゆっくりの音になる。これでも聞こえないということは発音していないのだろう。しかしここもわずかな一瞬の空白がある。

そしてfruitful。これも「t」の音は聞こえない。代わりに一瞬はねたような、小さな「ツ」でもあるかのような発音になっている。

音って消えるのね。

前に30音発音で発音練習したときに、消える音があるということは学んだけれど、こんなに頻繁に消えられると、相当聞かないと私の脳には刷り込まれない。

同じ短いニュースを聞くにしても、理解度にかなりの差があるのは、そのニュースを知っているかどうかということにかかっている。ちょっと分かったような気にはなっては、次の瞬間は全然分からなくて凹む。こういうことの繰り返しばかりだな。
いつかすっきりとネイティブのようにラクに英語が聞ける日が私にも来るのだろうか…。

あわせて読みたい

  1. 寝すぎでしょ。

    2009年3月21日21:41

  2. ネットがなかった6日間。

    2009年10月27日4:05

  3. 電子辞書が到着。

    2005年12月14日0:00

  4. たまには出かけるぞ。

    2006年11月4日0:00

  5. ふむふむ。

    2008年3月26日6:02

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!