絶対話せる!英会話

キャッチボール。

この記事は1分で読めます

今日は授業の後、友人達のキャッチボールに合流させてもらった。キャッチボールなんて小学生以来だ。子供の頃、私はキャッチボールが好きだった。今日LAは雲一つない青空。その青空の下、キャンパスの中でキャッチボールをするなんて、何だか幸せだった。

実は私が相手をしてもらった二人は元野球部らしい。そのためボールも硬球。私はボールをキャッチする位置があまりにも手の上だったため、中指が痛くなった。(実は私のキャッチボールはソフトボールだったので、手の上で取っても痛いと思ったことがなかったのだ。)もう少し奥の方で取った方がいいというアドバイスのもと、そのようにしてみたら硬球でも痛くはなくなった。どうも今まで取る位置が悪かったらしい。

ボールをキャッチするのは何も問題がない私だったのだが、投げる方はかなりやばい。ボールに力が上手く入らないのだ。すっぽ抜けたようなボールばかり投げてしまう。親指プラス2本の指で握るんだよ、と教わり投げてみると、少しはまともになった。しかしやはりまだ子供のときのように力が入らない。何だか砲丸投げみたいだ、と言われてしまう始末。考えてみたら、大人になってから一度もボールを投げたことがない。先日バレーボールのサーブをしようとしたら、肩に力が入らなかった。こういう肩を使う動きなんて、長いことしていないため、私の肩は動かし方を忘れてしまったらしい。前にできたことができなくなるなんて(予想はしていたものの)、何だかとても悔しい。

悔しいから、久しぶりに運動を始めた方がいいかな、という気持ちになった。先週末学校のジムにもデビューしたことだし、始めるなら今、という気がしてきた。

それにしても久しぶりにボールを投げられて気持ちがよかった。青空の下、運動ができたのは最高の気分だった。おまけに今晩はぐっすりと眠れそうだ。

あわせて読みたい

  1. ネット新聞の将来。

    2010年5月26日12:25

  2. 長い休みなので。

    2010年12月29日8:05

  3. 帰省。

    2007年9月16日2:10

  4. のんびりしすぎ。

    2009年6月18日16:07

  5. 秋近し。

    2005年8月31日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!