絶対話せる!英会話

ありがたい授業のキャンセル。

この記事は1分で読めます

今朝は会計の授業に行ったところ、授業はキャンセルされていた。ありがたい、今夜のテスト勉強ができる。エッセイは6つ仕上げ、2つはまだ手をつけていない。教授に質問に行き、問題の趣旨を教えていただいたので、あとはそれを考え、まとめるだけだ。どうにかなるかな?

それにしてもルームメイト、私が「キャンセルになったおかげで今晩の試験勉強ができる。」と言ったら、「In here? In the house?」と嫌な顔で聞きやがった。自分の部屋で勉強して何が悪い。感じの悪い男だ、全く。

先日、彼が爆音で音楽を聞いていたときに少しボリュームを下げてという話を日記に書いたが、その話には続きがある。彼はその日外出後、まっすぐ私の部屋へ来て、「自分が爆音で音楽を聞いているときは、もうすぐ外出するということだ。だから二度と自分に音楽のボリュームを下げて欲しいというな。」と言った。「それならそうと、先に言えばいいじゃない。私は一日あの音では耐えられないと思ったから、言ったんだけれど。ま、分かった。」と言ったところ、「Good!!分かったのならいい。自分はkbtがいつも家で勉強しているから、音楽も大きな音で聞けないし、いつもsacrifice しているんだ。」と言われた。「普通の音で音楽を聞いているんだったら、文句言わないよ、私だって。あんたのボリュームの大きさ異常だから言っているんだけど。」と言いたいのを我慢した。あと半月で彼とは二度と会わなくなるから、もうどうでもいい。

sacrificeって、そんなに大袈裟なことかー?私が他の人とアパートシェアしていたとき、爆音で音楽なんて聞いたことないし、お互いに気を使うのは、共同生活なんだから当たり前のことだと思っていたのだが。彼と初めて会ったとき、私は家では勉強しかしないので静かだと伝えてあるし、彼も家では静かに過ごしたいと言っていたはずなんだけれどなー。おかしーなー。ま、何にせよ、あと半月の辛抱だ。

自分の部屋で勉強して何が悪い!嫌な顔と声で「ここで?家で勉強するのか?」と聞くな。

さ、むかついた気持ちは投げ捨てて、テスト勉強しよう。まだ朝の9:30、折角早く帰ってこれたのだ。時間は有効に使わないと。

あわせて読みたい

  1. 授業開始。

    2005年1月5日0:00

  2. UCLA。

    2007年6月30日15:24

  3. やっとスタート地点かな?

    2004年10月14日0:00

  4. 夏の成績。

    2006年8月4日0:00

  5. やっと教科書をゲット。

    2005年2月19日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!