絶対話せる!英会話

二山越えてもう一山。

この記事は2分で読めます

World ReligionsのクイズとMusicのMidterm examを終えてきた。今日のWorld ReligionsのクイズはJudaism。範囲は30ページほど。いつも書いているのだが、この教授のクイズはどこから何が出てくるのか分からない、とらえどころのないクイズなのだ。30ページ分をこと細かく覚えられるわけがないので、最初から今回はあきらめていた。なぜなら前回3回読んでいったにもかかわらず25問中19点だったのだ。(ちなみにそのときの最高点は20点だったそうな。)今回は1回読んで、さらっともう一度目を通しただけ。受けてみたところ、下手をすると40%くらいしか合っていないかもしれん。ははは…。(汗)ユダヤ人関連の本は結構読んでいるのだが、ユダヤ教については真剣に読んだことがなかった。ま、終わってしまったことは仕方がない。

このクラスは毎週クイズなのだが、クイズは総合成績の10%しか占めないので、忘れることにしよう。私はいつもクラスノート、クラスで一番の成績だし。そう言えば先日2問空白でクラスノートを提出したにも関わらず、満点プラス5点のエクストラポイントが加算されていた。よっぽど皆の出来が悪かったのかもしれん。

午後は音楽の中間試験を受けた。85%から90%の間くらいは取れたと思う。今日のテストのいいところは100問あるところだ。問題数が多ければ、1問辺りの点数は低くなる。30問ほどしかないクイズに比べると気分はかなりラクだ。音楽のクイズは毎回ほとんど前日しか勉強していないが、とりあえず90%以上はキープしている。エクストラクレジットも提出しているし、レポートは満点だったし、このクラスの成績は心配していない。

問題は明日のSpanishのクイズ。2週間休む間の授業の欠席とラボの欠席はしっかり点数を引くと言われてしまった。この授業、Class Participationが25%、Language Labが10%を占めているので、2週間分のマイナスはちと痛い。エクストラクレジットや他の宿題で穴埋めできないかと聞いたところ、120人も学生がいるので、そんな他のことを見る余裕はないと言われてしまった。となると、Aを取るためには常に90点以上取らなければいけない。今までのクイズの平均は80点台の後半といったところ。リスニングでいつも2問(マイナス6点)は間違う。これをどうにかせねば。そして必ず1問はケアレスミス。完全にグラマーがモノになっているわけではないので、勘違いミスも多い。クイズ番号を間違って書いてしまったため、テストと関係ないところで点がひかれてしまったということもある。

明日のスペイン語のクイズは前半最後の一山。それが終わればスプリングブレイク!
おまけに私は日曜日に日本へ帰る!(ひゃっほーいー!)
さ、最後の一山に向けて勉強しようっと。

あわせて読みたい

  1. 何にしよう?

    2009年4月2日11:21

  2. あ、頭がもう働かん!

    2005年4月18日0:00

  3. サボりすぎたこの一週間。

    2007年11月23日17:52

  4. GRE-Big Book。

    2008年11月18日10:27

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!