絶対話せる!英会話

最近驚いたこと。

この記事は3分で読めます

夏セッションが始まり4週間。初めての日本人同級生&前から知っていた日本人の20歳の男の子と3人で毎日お昼を一緒に食べている。その男の子は私と同じく2年前に入学した人である。彼の成績もなかなか優秀で今までにBは2つしか取ったことがないとのこと。その彼から最近は驚くような話ばかりを聞く。私は友人、知り合いと呼べる日本人はコミカレ内に5人しかいないので、全然他の日本人学生の様子を知らなかった。

一番私を驚かせたのは、「今まで全くcheatingをしていない人と言うのは、kbtさんとXXXXさん(上記の20代後半の同級生)とRRRさんと自分だけですよ。恐らく。」と言う発言。「へっ?皆しているってこと?」「ええ。自分の知っている限りの日本人は、今言った4人を除いて全員です。(あくまで彼の知っている範囲。)」彼の言うcheatingは、オープンテキストのテストなどで、人からもらった回答で答えるということも含まれている。オンラインのクラスは基本的にオープンテキストなので、誰でも準備をそれなりにすると思うが、その準備もせずに人から回答を手に入れている人が多い、とのこと。

そしてその回答を作ったのが彼。彼はその授業でそれなりに苦労したらしいのだが、他の学生は「簡単だよね。だって回答があるから。」と彼に何も知らずに言うらしい。

今日とある日本人学生がお昼を食べているときに私たちのところへやってきた。彼は、この友人の彼のエッセイをほぼコピーし、そのまま同じ先生に提出したらしい…。先生はおばあさんなので気が付かなかったらしいのだが、大絶賛されたらしい。さすがに友人も「それはひどいのではないか」と抗議したらしいのだが、その後も普通に付き合っているらしい。貸した彼は参考程度のつもりだったらしいのだが、借りた彼は人のものを平気で使える人だったわけだ。

今日はその人のものを平気で拝借できてしまう彼が私たちのお昼を食べていたところへやって来て、「バークレーに出願するのだけれど、今度のセメスターまでに全部を終わりにする。」と宣言していた。今のところ、彼のGPAは4.0らしい。どこの大学にアプライするにしても、来年の春セメスターにやっと全てのRequirementが終わる私より遥かに条件がいいな。

私には人が努力したものを勝手に拝借したり、平気で使える神経が分からない。そうやっていい成績を取ってバークレー出願ですか。まぁ受かったとしても、きっと人生のどこかでしっぺ返しが来るのだろうな、とは思うのだが。人のものを平気で使ってしまえる人が信頼に足る人とは思えない。

私が行っているコミカレには、日本の某有名大手予備校からの学生が沢山来ている。何でも大学に落ちた人のために、留学を斡旋しているらしい。たかがコミカレへの留学手続きと近所の4週間英会話プログラムへの手続き代行だけで、150万円取るらしい。ばっかばかしい。コミカレへの入学手続料は確か50ドル、4週間のプログラムは900ドルだけだ。それにコミカレへの入学手続きなんて、誰だってできるはずだ。ぼったくりだな、某予備校。というか、留学するなら、それくらい自分でできなくってどうするんだ?!と言いたくなってしまう。150万円あれば1年間の学費と滞在費に相当すると思うのだが。

そしてここから来た学生と言うのが、いつも固まっている。あの先生が簡単だ、と聞くと皆で一緒に一斉に授業を取っているらしい。おーい。何しにアメリカへ来たんだー?
私はコミカレ在学中(今もそうだが)そういう甘っちょろい日本人と知り合わなくて本当に良かったー。

私は今まで先生の評判(授業の質)は気にしたことがあったが、授業の簡単さで科目を選んだことはなかった。先生のレーティングだって一度も見たことがなかった。いつも行き当たりばったりで授業を取ってきたため、タフな教授に当たってしまうこともあった。だがどうにかやってきて、自分でも努力した科目は努力しただけのものは得たな、と思っている。そして努力しなったクラスからは、あまり多くのものを得ていないことも実感している。だからこそ、授業の簡単さで授業を選んだり、人のものを利用してとりあえずいい成績を取ることだけを考えている人に対して、「彼らは留学して一体何を学んで帰るのだろう?」と思ってしまう。

いい成績を取るのはもちろん大事だが、それは努力があるからこそ得られる結果で、そこで初めて満足感を感じることができるのだと思う。それが自分の中の達成感につながり、また次の段階への好循環を作り出す。人のものを利用していい成績を取るという行為に対して、何とも思わないのだろうか。それでその人たちは満足しているのだろうか。自分がすることに誇りを持っていないのだろうか。結果が良ければ全てよいという教育を受けたせいだろうか。自分自身のための向上心はないのだろうか。

ま、cheatingとは言っても、友人が作り出してしまった結果でもあるのだが(元はと言えば、彼から出回っているもの。本人はそこまで悪用されるとは思っていなかった上、断れない性格らしい)、初めて知った日本人学生の素行に驚いた。皆プライドがないんだなー、と言うのが、私の感想。私は例え悪い成績でも、自分で努力したと胸を貼っていたい。それにしてもチャレンジしないのは本当にもったいないと思う。折角ご両親に留学させてもらっているのに。

勉強の大切さは今の歳だからこそ、しみじみ感じているということはあるが、cheatingは決して若いからしてしまうというものではないだろう。こうやって世間を渡っていく学生たちは、努力するということを知らないのだろうか。何だかとても日本人にがっかりしてしまった。

あわせて読みたい

  1. 夏の成績。

    2008年9月24日5:05

  2. 後悔先に立たず。

    2006年7月5日0:00

  3. 終わった~。

    2009年2月11日18:26

  4. ひとやすみ。

    2004年10月22日0:00

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!