絶対話せる!英会話

学校で会える有名人。

この記事は2分で読めます

Biogeographyの授業で最近仲良くなった女の子がいる。フィリピン人の母を持ち、中国系東南アジア人(どこの国かは忘れた)の父を持つサイパン育ちの背が高くスリムなとてもかわいい女の子である。

今日授業の後、駐車場まで一緒に歩いていたときに、彼女は急に「ねぇ、スパイダーマン3見た?」と私に聞いてきた。「うん、3は見たよ。1と2は見ていないけれど。」と言ったところ、「ねぇ、James Francoが友達のクラスにいるんだってー!」と彼女は急に声のトーンを上げた。「へぇ、見てみたいな。」と私。すると彼女は「でしょー!それでね、友達が取っているその授業が木曜日にあるので、もし彼がいたら電話をくれることになっているの。そしたら、私も一緒に授業に出ちゃおうと思って、へへ。」と笑っていた。

「何のクラスなの?」と聞いたところ、「なんだかAir pollutionに関する授業みたい。」と言っていた。「いたら写真撮ってきて見せてよ。」と言ったところ、「もちろんよー♡ autographもくれるかしら?」と嬉しそうだった。何でも彼女の友人は後ろの方に席を取り、授業中ずっと彼を眺めているらしい。しかしネット上の情報によると彼は中退したことになっているのだが、今授業を取っているということは復学したということなのだろう。

「そうそう、XXXもここでよくバスケをしているらしいわよ。」と彼女。「だれ?分からないなぁ。」と言ったところ、いろいろと映画名を挙げてくれた中で、唯一分かったのが、「The Wedding Singer」。「あの主役だった人、コメディアンなのよ。」あー、あの人ね、はいはい。Adam Sandlerと言うらしい。

なので私も友人から聞いた話を一つ。「Jack Blackも時々学校をふらふらしているらしいわよ。」と。「へぇ、彼にも会いたいわね。こういう大きな学校にいると、有名人がいてちょっとわくわくするわね。」と彼女。確かにそういう楽しみもあるな。

ちょっと話は変わるが、今ここに挙げた3人は全員ユダヤ人だそうだ。ま、ここら辺はユダヤ人が多いので、全く不思議はないが。

話を戻すと、私の大好きなThe DoorsのJim Morrisonもここの映画学科に短い間いたのだった。確かに大きな学校にいると、誰かしらは有名になるという確率が小さな学校よりは高いかもしれない。来週は彼女がJames Francoに会えたかどうか、聞いてみよう。

あわせて読みたい

  1. アウトプットの重要性。

    2004年10月9日0:00

  2. クイズ3つ終了。

    2005年7月7日0:00

  3. 視覚ってやっぱり大事。

    2008年3月20日13:21

  4. お疲れさま。

    2007年6月13日15:48

  5. 英語の試験で思ったこと

    2005年1月8日0:00

  6. はがゆさと悔しさと反省。

    2008年7月17日14:25

英会話のスマホアプリ、作りました。

「絶対話せる!英会話」無料アプリ ★アメリカ生活の中で、実際に使われている英語表現をお届けしている無料スマホアプリです。11回目以降の音声は、このウェブサイトにて無料で聞くことができます。 こちらからどうぞ。

YouTube – 英語・発音・アメリカ生活

応援、ありがとうございます。

RETURN TOP
error: Content is protected !!